書道家 龍玄 公式ブログ

神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。 「龍を宿す書道家」 龍玄の日常。

■書道家 龍玄 プロフィール

1980年1月29日生まれ。
東京都大田区出身、神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。

書の基本を学び続けながら、そこに自らの独自の感覚を加えることによって、繊細なタッチの作品、迫力ある豪快な作品、更には文字ではない前衛的な作品まで幅広く書き分ける。

そのため、個展開催時には作品たちをご覧になった方々から「一人の人が書いた作品とは思えない」というご感想がしばしば聞かれる。

また、様々な作風を書き分ける一方で、作品には共通して「龍が宿る」というご感想も数多くいただく。

人々の心の琴線に触れるような作品やパフォーマンスをお見せすることによって、それをご覧になった方の「意識の覚醒」を促すべく、活動を続けている。


【個展開催実績】
2014年10月  第一回個展『NO LIMIT』を表参道にて開催
2015年12月  第二回個展『覚醒への誘い』を渋谷にて開催
2016年10月  第三回個展『飛翔』を田園調布にて開催
2017年4~5月 第四回個展『真我』を田園調布にて開催
2017年12月  第五回個展『波動』を自由が丘にて開催
2018年11月  第六回個展『七つの海』を広尾にて開催
​2019年12月  第七回個展『麟鳳亀龍 -rinpohkiryu-』を元麻布にて開催


【主な作品の提供先】
・TBSテレビ「2018 世界バレー」
(番組タイトル、横断幕『覇氣』、選手名など)
・日本テレビ「NEWS ZERO」
(米ロックバンド「KISS」コラボ作品画像)
・防衛省広報誌「MAMOR」
・元 外務副大臣 中根一幸 様
・第64代横綱 曙太郎 様
・学校法人 河合塾 様
・ラーメン店 「麺屋 翔」様  etc



三浦海岸の浜でドローンを使用して制作した1分間のプロモーションビデオ↓








NSYS1404[1]






『 香 』


~  春の かほり  ~





- 2020.1.5 嫁入り作品 -



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







いよいよ4日目の最終日となりました。

この日は東国三社参りを行ない、銀座に寄った後三浦海岸に帰るというスケジュールでした。

朝食を終え、準備が出来次第出発。

最初は一番近い息栖神社から。
二の鳥居のすぐそばに無料駐車場があります(緑の丸で囲んだ二箇所)ので、そこに車を停めて一の鳥居まで歩きました。
スクリーンショット (20)

一の鳥居
IMG_2895

IMG_2894

日本三霊泉の一つである忍潮井(おしおい)↓
IMG_2898

IMG_2897

こちらが女甕(めがめ)側 ↓
IMG_2896

こちらが男甕(おがめ)側 ↓
IMG_2899

常陸利根川の方に歩きながら一の鳥居を振り返ります↓
IMG_2900

IMG_2901

IMG_2902

IMG_2904

常陸利根川(北西の霞ケ浦方面を臨む)↓
IMG_2905

常陸利根川(南東の銚子方面を臨む)↓
IMG_2906

再び戻って来ました↓
IMG_2908

二の鳥居へ↓
IMG_2909

光の加減で面白い写真が撮れました↓
IMG_2910

IMG_2911

IMG_2912

境内は朝ということもあって余計に凜とした雰囲気が漂い、とても清々しかったです。
(撮影は遠慮させていただきました)


そして東国三社参りの二社目となる鹿島神宮へ向かうべく北上しました。

二の鳥居の近くにも駐車場が幾つかありますが、どこも大体300円が掛かる有料駐車場です。
4~5分歩くのが嫌でなければ、緑の丸で囲んだ場所に広い無料駐車場もあります。
尚、左下に「鹿島高校北」という交差点がありますが、「鹿島神宮入口」という名前に変わっていました↓
スクリーンショット (22)


我々は無料駐車場に車を停めて歩きました。
鹿島と言えば鹿島アントラーズ
IMG_2913

雨かんむりの龍の字を使った神社も参道の途中にあり、お参りさせていただきました↓
IMG_2914

IMG_2915

二の鳥居に到着しました↓
IMG_2917

楼門をくぐり、拝殿に参拝(なんとなく撮影は遠慮させていただきました)した後、更に奥の奥参道へ↓
IMG_2918

また光の加減で面白い写真が撮れました↓
IMG_2919

とても厳かな雰囲気の奥参道を歩き、さざれ石 → 鹿園 → 奥宮 → 要石 → 御手洗池 の順番(ここでも撮影は行なわず)で回らせていただきました↓
IMG_2920

スクリーンショット (23)


そして、東国三社参りのラストを飾る香取神宮に向かいます。
潮来ICから佐原香取ICの1区間の間に佐原PAがあり、そこからの眺め(北側を臨む)がとても良かったです↓
IMG_2921

IMG_2922


香取神宮第1駐車場(無料)は緑の四角で囲んだ位置にあり、我々はそこから赤矢印の方向へ歩いて行きました(一番オーソドックスなルートかと思います)↓
スクリーンショット (24)

第1駐車場のすぐそば。ここから参道商店会を抜け、赤鳥居へ↓
IMG_2924

赤鳥居
IMG_2925

石鳥居に向かって登っていきます↓
IMG_2926

石鳥居
IMG_2927

第1駐車場 → 赤鳥居 → 石鳥居 → 総門 → 楼門 → 拝殿 → 楼門 → 要石 → 香取護国神社 → 奥宮
の順に回らせていただきました↓
スクリーンショット (26)

奥宮参拝時にちょうど正午の鐘が鳴り、午前中のうちに東国三社参りを終えることが出来ました。

銚子東国三社を巡った3泊4日の吉方位旅行は、予想以上に楽しいものとなりました。

来年の吉方位、そして時期がいつなのか、今から楽しみです(吉方位がない可能性もあり)。



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







3日目の朝(犬吠埼観光ホテル)。

日の出時刻(5:45)よりも前に目が覚め、日本一早い日の出を無事拝むことが出来ました。

やはり普段三浦海岸で見える地平線からの日の出ではなく、水平線からの日の出というのはまた違った趣がありました↓
IMG_2837

犬吠埼灯台と日の出↓
IMG_2840

IMG_2843

IMG_2846


太平洋から打ち寄せる波の様子は必見です(妻のYoutube動画です)↓



同じ太陽なのにこれだけ色が変わるというのは、なんだか不思議です↓
IMG_5075


10:00前にホテルをチェックアウトし、犬吠埼へ向かいました。
犬吠埼灯台は残念ながらコロナウィルス対策のため中に入ることが出来ませんでした(涙)↓
IMG_2855

灯台をモチーフにした郵便ポストが可愛かったです↓
IMG_2856

日本の渚百選にも選ばれている君ヶ浜を臨むことが出来ます↓
IMG_2857

灯台の周りに遊歩道がありましたので、歩いてみました↓
IMG_2853

IMG_2854


我々夫婦は車移動でしたが、銚子電鉄に乗ってみたかったので、この後車で銚子に向かい、銚子駅近くのコインパーキングに車を停めて、いざ乗車↓

ちなみに銚子電鉄銚子駅JRの中にあります。切符は銚子電鉄の電車の中で買うため、JR銚子駅の改札は何もせずにそのまま入ります。なかなかの違和感でした。

また、発車時刻は軽くでも事前に調べておくことをオススメします。
我々が乗車した昼間の時間帯は本数が少なく、銚子駅前で時間を潰すことになりましたので(^^;)
IMG_2859

車内もレトロな雰囲気↓
IMG_2860

IMG_2862

IMG_2864


乗車すると駅員さんが来てくれますので、我々はこちらの1日乗車券を購入↓
IMG_2932


途中の海鹿島(あしかじま)駅は、関東最東端の駅だそうです↓
IMG_2863


車窓には、のどかな田園風景も広がります↓
IMG_2866

IMG_2867


先程の犬吠埼でランチをするべく、犬吠駅で下車↓
IMG_2868


銚子電鉄では、駅名愛称ネーミングライツの取り組みを行なっています↓
IMG_2870


犬吠駅のトイレに貼ってありました↓
IMG_2871


犬吠駅駅舎の外観↓
IMG_2872


犬吠駅から犬吠埼まで10分ほど歩き、犬吠テラステラスの中で軽いランチを済ませ、電車の本数も少ないことからそのまま終点の外川(とかわ)まで一駅分歩きました。

犬吠埼観光ホテルのミニツアー「銚子西海岸お散歩バス」にて、碁盤の目のようになっている外川の町並みの説明があったため、その場所を少し歩いてみました↓
IMG_2878


IMG_2873

意外と坂の町であることに驚きました↓
IMG_2874

IMG_2876


電車の発車時刻に合わせ、外川駅に到着。
列車が展示してありました↓
IMG_2879

無料で列車の中を見学出来ます↓
IMG_2880

IMG_2881

外川駅の駅舎↓
IMG_2882


トイレはホームの中にあります(この黒い建物)↓
IMG_2883


電車が到着しました。意外と段差があります↓
IMG_2884


レトロな「明治ミルクキャラメル」の広告が目を引きます↓
IMG_2885


タレントのヒロミさんによるリフォームが行なわれた本銚子駅の駅舎↓
IMG_2888


銚子駅に戻って来ました。
ホーム上の駅舎風の建物が、JR銚子駅銚子電鉄銚子駅の境になります↓
IMG_2889


醤油の町 銚子を後にし、3日目の宿へ車で向かいます↓
IMG_2891


銚子大橋を通って利根川を渡った先は、茨城県神栖市
以前から氣になっていた旅籠屋さんに初宿泊↓
IMG_5184[1]

旅籠屋さんならではのルールが色々とあり面白かったです↓

部屋のカギを受け取ったらチェックアウトまで自分で管理(外出時にフロントに預けるシステムはない)
宿泊中の部屋の入退室はフロントを通さない(外から直接部屋に入ることが出来る)
朝食は無料サービス(数種類のパン/コーヒー・紅茶・オレンジジュース)で、フロント前のロビーで欲しいものをトレーに乗せ、自分の部屋に持って行って食べる
7時より早くチェックアウトする場合は、専用のボックスにカギを入れる
7時以降にチェックアウトする場合は、スタッフがフロントにいればその方に渡し、いなければフロントに置かれた専用ボックスにカギを入れる
・木造で2階の物音が1階に響きやすいため、2階の宿泊者は物音に氣をつけること
・チェックアウト時に専用のゴミ箱(神栖店は階段の下)にゴミを入れる(よう協力を求められる)

また、
バスタオルハンドタオルは備え付けてありますが、スリッパはありません(但し、100円で旅籠屋さんオリジナルスリッパを購入可)
バス&トイレは別でした
ドライヤーは馬力が弱いですが、備え付けてあります

全体の感想としては、とても氣が楽で快適な印象でした。
朝食のパンも美味しかったです。


そして、最終日の4日目は「東国三社参り」へ。


~後編につづく~



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







先日、妻とともに人生初の「お水取り」(という開運法)を兼ねた3泊4日の吉方位旅行に行って参りました。

吉方位は人それぞれの星回りによって異なりますが、我々夫婦は幸運なことに同じ星回り(三碧木星)のため、同じ方角へ旅に出たのでした。

先ず1日目は自宅からの移動(昼の12時出発)と「お水取り」の場所の下見でした。

お水取り」は日時が決まっているため、その時間内にお水を汲まないといけないのですが、実際にその場所に行ってみると水が涸れているということもあるそうで、念の為前日に下見を行なったわけです。

無事に下見を終え、1日目の夜はこれまた人生初のAirBnB(通称:エアビ)を利用。
翌朝までの様子を妻がサクっとYoutubeにアップしておりますので、よろしければご覧ください(再生時間:3分16秒)↓




翌日(2日目)はいよいよ「お水取り」。

詳しい場所は明かせませんが、龍のいる場所で無事に人生初の「お水取り」成功↓
IMG_4917_jpg


その後、銚子の「魚河岸料理 常陸(ひたち)」に移動し、ランチをいただきました↓
IMG_2796

IMG_2795

お刺身定食(1,500円)↓
IMG_2793

女将と思われる方にサービスしていただいちゃいました↓
IMG_2794


天気が目まぐるしく変わるという天気予報で、どう行動すればよいか迷いましたが、ランチ後は流れで「地球の丸く見える丘展望館」へ↓
IMG_2797

IMG_2798

IMG_2800

IMG_2931_jpg


ここは前から氣になっていた所で、行ってみた感想としては「予想以上に良かった」です。
屋上の展望スペース(屋外)に出た瞬間、「お~!」と思わず声が漏れました。
文字通り360°の大パノラマ(しかもそのうち330°は水平線)でして、これまた妻がYoutubeにアップしておりますので、よろしければご覧ください↓



3Fの展望ラウンジでお茶をしていると、黒い雲がこちらに近づいて来て一瞬だけ嵐のようになり、その後何事も無かったかのように晴れたのでした↓
IMG_2803_jpg

IMG_2805

IMG_4968_jpg


そして2日目の宿となる「犬吠埼観光ホテル」にチェックイン。
3Fの部屋からは驚きの光景が広がっていました↓
IMG_2807_jpg

ホテルの方に伺ったところ、意外にも台風による被害は無く、東日本大震災の時も津波がギリギリの高さまで来たものの難は逃れたそうです。

そして、こんな嬉しい誤算がありました(不定期開催のようです)ので、参加させていただきました↓
IMG_2933_jpg


源義経が千騎の兵とともに立て籠もったことから名付けられたとされる千騎ケ岩(せんがいわ)↓
IMG_2811_jpg

IMG_2813_jpg

この場所から銚子電鉄の終点に当たる外川(とかわ)の町も少し遠くに見ることが出来ます↓
IMG_2812_jpg


続いてなんとも悲しい伝説の残る犬岩へ↓
二つの耳を上に立てたような岩体で、こちらも義経伝説に由来します。
頼朝に追われた義経が奥州へ逃れる途中、愛犬「若丸」が平家の亡霊に取り憑かれ、泣く泣くこの地に残して行ったところ、若丸は七日七晩吠え続け岩になってしまったという伝説です。
犬吠埼(いぬぼうざき)「犬吠」とは、この伝説に由来するという説もあるそうです。
IMG_2814_jpg


そして最後は銚子マリーナへ↓
ホテルの方曰く、この日はなかなか見られないほど綺麗な夕日で「みなさんの日頃の行ないが良いのでしょう」とのことでした(笑)。
写真では見えないのですが、遠くにうっすら富士山を見ることも出来て驚きました。
IMG_2817_jpg


夜は20:00頃までホテルから浜をライトアップするため、暗闇の中に白波が見えるという不思議な光景を目にすることが出来ました(客室からも露天風呂からも見ることが出来ます)↓
IMG_2819_jpg

IMG_2820_jpg


そして、翌朝の日本一早い日の出を楽しみに就寝したのでしたzzz


中編につづく~



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







PXXA7104[1]





『 心 』


~  すまし顔の情熱家  ~





- 2019.12.31 嫁入り作品 -



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







OQAT5162[1]




『 ゆっくり 』


~  で、いいんだよ。  ~





- 2019.12.28 嫁入り作品 -



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







今シーズン3回目の開花状況報告です。


2月18日現在、満開もしくは満開を過ぎた状態です。
河津桜は開花期間が長いため、昨日のような暴風が吹き荒れなければまだもう少し見頃を保ってくれるかもしれません。


それでは本日2月18日午前中にiPhoneで撮影した写真をアップいたします。
IMG_E2575


富士山がきれいに見えました↓
IMG_E2577

IMG_E2580


右下の菜の花にピントを合わせています↓
IMG_E2581

IMG_E2584

IMG_E2585


今日は小松ケ池公園まで足を伸ばします↓
IMG_E2587


猫が気持ち良さそうに日向ぼっこをしていました↓
IMG_E2589

IMG_E2592

IMG_E2593

IMG_E2594

IMG_E2595

IMG_E2597

IMG_E2598

IMG_E2600

IMG_E2601

IMG_E2602

IMG_E2603

IMG_E2604

IMG_E2605

IMG_E2606



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







人生何が起こるか分かりませんね。

本人にとってはまさかの青年会議所入会。
年齢制限があるため、今年が最初で最後の一年です。
IMG_E2557


三浦市在住ですので、「三浦青年会議所」の所属となります。


その三浦青年会議所主催の講演&パネルディスカッション(小学校の統廃合についても触れる予定の「三浦市学校教育ビジョンをSDGsの観点から見る」)が2/20(木)の夜に三浦商工会議所(三崎)にて開催されます。
IMG-2502

入場無料となっておりますがので、どちら様もお気軽に足をお運びください。


ちなみに神奈川新聞が運営するローカルニュースサイト「カナロコ」にも記事が掲載されております→「教育にSDGs活用を 三浦市20日に講演


また、ご興味がありそうな方がいらっしゃいましたら、情報をシェアしていただけますと幸いです。



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







↑このページのトップヘ