書道家 龍玄 公式ブログ

神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。 「龍を宿す書道家」 龍玄の日常。

~ 書道家 龍玄 第七回個展『 麟鳳亀龍 - rinpohkiryu - 』~

『麟』・・・麒麟
『鳳』・・・鳳凰
『亀』・・・玄武
『龍』・・・青龍
 
太平の世に現れるとされる四種の霊獣。
 
令和の時代、人々の心が少しでも平穏であるようにとの願いを込めつつ、このたび第七回個展を開催させていただきます。
 
過去最大級となる111㎡のギャラリーでの展示を是非ご堪能いただけますと幸いです。
 
会場でお会い出来ますことを大変楽しみにしております。
 
(正式には『麟鳳亀竜』と書きますが、あえて『龍』に致しました)


■日時
2019年12月19日(木)~24日(火)
14:00~19:00
※開催期間中、龍玄は常駐しております

■場所
「元麻布ギャラリー」
東京都 港区 元麻布 3-12-3
(都営 大江戸線 麻布十番駅 7番出口 徒歩4分)
(東京メトロ 南北線 麻布十番駅 4番出口 徒歩5分)
http://www.motoazabu-gallery.com/gallery/?id=1427186475-187876

※ギャラリーに駐車場はございませんので、大変恐縮ですが、お車でお越しの際は近隣のコインパーキングをご利用くださいますようお願い申し上げます。

■入場料
1,000円(高校生以下の方は無料)


------------------------------------------------------------------


■書道家 龍玄 プロフィール

1980年1月29日生まれ。
東京都大田区出身、神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。

書の基本を学び続けながら、そこに自らの独自の感覚を加えることによって、繊細なタッチの作品、迫力ある豪快な作品、更には文字ではない前衛的な作品まで幅広く書き分ける。

そのため、個展開催時には作品たちをご覧になった方々から「一人の人が書いた作品とは思えない」というご感想がしばしば聞かれる。

また、様々な作風を書き分ける一方で、作品には共通して「龍が宿る」というご感想も数多くいただく。

人々の心の琴線に触れるような作品やパフォーマンスをお見せすることによって、それをご覧になった方の「意識の覚醒」を促すべく、活動を続けている。


【個展開催実績】
2014年10月  第一回個展『NO LIMIT』を表参道にて開催
2015年12月  第二回個展『覚醒への誘い』を渋谷にて開催
2016年10月  第三回個展『飛翔』を田園調布にて開催
2017年4~5月 第四回個展『真我』を田園調布にて開催
2017年12月  第五回個展『波動』を自由が丘にて開催
2018年11月  第六回個展『七つの海』を広尾にて開催
​2019年12月  第七回個展『麟鳳亀龍』を麻布十番にて開催予定


【主な作品の提供先】
・TBSテレビ「2018 世界バレー」
(番組タイトル、横断幕『覇氣』、選手名など)
・日本テレビ「NEWS ZERO」
(米ロックバンド「KISS」コラボ作品画像)
・防衛省広報誌「MAMOR」
・元 外務副大臣 中根一幸 様
・第64代横綱 曙太郎 様
・学校法人 河合塾 様
・ラーメン店 「麺屋 翔」様  etc



三浦海岸の浜でドローンを使用して制作した1分間のプロモーションビデオ↓








昨日(4/20)は春季東京都高等学校野球大会の準々決勝(母校小山台高校 vs 早稲田実業)を観戦しに神宮第二球場へ。

全112校中、このベスト8まで勝ち残った都立高校は小山台のみ。

土曜日で天候にも恵まれたため、かなりの人出でした。

ちなみに席が取れない可能性もあると思い、小山台の前の第一試合 [ 國學院久我山 vs 関東一高 ] から観戦しました(関東一高が底力を見せて勝利し、ベスト4に進出しました)。 


↓いざ小山台 vs 早実の試合開始。
IMG_0091

IMG_0092



↓1回に早速1点を取られましたが、サード上江洲くんのファインプレーで追加点を許すことなく3アウトチェンジ。
IMG_0093



↓試合風景(小山台の攻撃中)。
IMG_0094



↓4回にも追加点を許しましたが、1番バッター池本くん(キャプテン)の3ランホームランで逆転!
IMG_0095



↓6回に逆転を許すも、3番笠原くんのレフト前タイムリーヒットや早実の守備のミスで2点を挙げて再び逆転!
IMG_0096



↓試合風景(早実の攻撃中)。
IMG_0097


この後は意図的にスコアボードを撮るのをやめました。

というのも、昨年夏の甲子園を掛けた決勝戦(vs二松學舍)で小山台がリードしている段階でのスコアボードを撮ったのですが、その時に「ここまでは勝っていたという記念を残しておきたい」と思ったんですね。

すると、その後二松學舍に逆転を許し、本当に「ここまでは勝っていたという記念」になってしまったのです。

なので、昨日はこれ以上は撮るのをやめようと思ったわけです。


↓そして試合は終了しました。
IMG_0099

IMG_0100



↓はい、試合終了後のスコアボードです。早実に勝ってしまいました。。。昨年夏の東東京大会準決勝で帝京に勝って以来の衝撃が再び走りました。
IMG_0102



↓選手も応援スタンドも大盛り上がり
IMG_0104

IMG_0105

IMG_0106

IMG_0108

IMG_0109



↓実は、昨年夏に神宮球場で2,000枚配られた団扇(私の作品『旋風』が入っております)を持参していたのですが、ちょっと出すのは恥ずかしかったのでバッグに入れたまま観戦していました(笑)
とにかく再び『旋風』が吹き荒れ、本当に凄い試合を見せてくれました。
IMG_0111



次の準決勝は、本日帝京との戦いを制した国士舘との対戦となりました。
行かれない可能性が高いのですが、神宮第二球場で10:00試合開始となります。

どんな戦いをしてくれるのか、楽しみは続きます(^^)



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







本日は、久里浜港から車とともに東京湾フェリーに乗り、房総の鋸山へ。

上の方まで車で登ったり、ロープウェイを使ったりせず、下から全て徒歩にて踏破して参りました。

その場合、車はどこに駐車すればよいのでしょうか?

少し見づらいかもしれないのですが、こちらの地図の左下に記載のある「無料駐車場」になります↓
(ちなみに濃い紫の線が登りのルートで、ピンクの線が下りのルートです。右上の「地獄のぞき」「山頂展望台」がゴール地点。総歩行時間は約2時間。この地図上にある場所等の名称は、この後「」にて記載いたしますので、この地図を見ながら読み進めていただくと分かりやすいかと思います。)
IMG_E0080



グーグルマップですと、こちらの地図の真ん中にある “P” の場所なのですが、周りに目印があまりありませんね(^^;)↓
浜金谷駅と保田駅の中間ぐらいの場所になります。
スクリーンショット (75)



特に駐車場の看板があるわけではありませんでした(右側の白い車が停まっている所です)↓
IMG_0075

IMG_0076



駐車場の向かい側に渡り(交通量が多めで車のスピードが速いので要注意)、“羅漢道” に入ります↓
IMG_0040



「無字門」を通過↓
IMG_0041



分岐点。徒歩の場合は左の道へ、車の場合は右の道へ↓
IMG_0042



途中から容赦なく階段が次々と現われます。
IMG_0044



「弘法井」を通過↓
IMG_0045



「仁王門」の奥に「観音堂」が見えます↓
IMG_0046



「観音堂」の横に「表参道管理事務所」があり、そこで拝観料600円を支払って更に進みます↓
IMG_0048



青空と新緑のコントラストが綺麗でした↓
IMG_0050



「達磨石」のある場所が分岐点となっており、そこを右に曲がって「乾坤稲荷」「薬師本殿」「大黒堂」を過ぎて「大仏広場」へ(鋸山日本寺の薬師瑠璃光如来像)↓
IMG_0051

IMG_0052



屋外のため、その大きさをあまり認識出来ていない部分もあったのですが、奈良の大仏さん(東大寺 盧遮那仏像)との差はこんなにあるんですね↓
IMG_E0081[1]



その後、「大仏前参道」を登り、「大仏口管理事務所」の前から更に階段を上ります↓
IMG_0053



かなりの階段が続きます(^^;)↓
IMG_0054



「不動滝」
IMG_0055



「西口管理事務所」のある分岐点を一旦「十州一覧台」方面に登り切りました↓
IMG_0058



三浦半島方面の眺め↓
IMG_0056



千葉海浜方面の眺め↓
IMG_0057



再び「西口管理事務所」のある分岐点まで下り、先ずは「百尺観音」を目指します。

ということで、この分岐点は左の「百尺観音」へ↓
IMG_0059



岩と岩の間に「地獄のぞき」も見えます↓
IMG_0060



「百尺観音」到着。
それにしても、(この大きさの)岩をくり抜いて(この大きさの)観音様を彫るのは本当に凄いことだと思います↓
IMG_0061



上の方には「地獄のぞき」が見えます↓
IMG_0063



それでは「地獄のぞき」への分岐点に戻ります↓
IMG_0064



大体この位置から「地獄のぞき」にいる人を撮るのがパターンになっています↓
IMG_0065



「地獄のぞき」から本当に下(「百尺観音」の場所)をのぞいてみました↓
IMG_0066



一番高い場所(ここが「山頂展望台」ということになるかと思います)からの撮影↓
左側の複数の方がいらっしゃる場所が「地獄のぞき」
IMG_0069



いざ下山ですが、下りはあまり写真を撮っておりませんので悪しからず(^^;)。

「二天門」を通過↓
IMG_0070



「奥の印無漏窟」(直進)と更なる下り(左に降りる階段)の分岐点↓
IMG_0071



「奥の印無漏窟」(近くまでは行けないようになっていました)↓
IMG_0072



更に下って行きます↓
IMG_0073



「仁王門」を通過↓
IMG_0074



その後、無事に駐車場に到着し、16:30金谷港発のフェリーに乗船。
ありがとう鋸山!↓
IMG_0077



いつも三浦海岸の家から見てはいますが、やはり船の往来が多い場所ですね↓
IMG_0078



ゴルフ客が多かったからでしょうか、かなりの車の台数でした↓
IMG_0079



ちょうど良い運動になった鋸山登山でした。

体力に自身のない方は、無理せず車で上の方まで上ったり、ロープウェイを利用していただくのが安全です。



書道家 龍玄
ダウンロード (1)









スクリーンショット (70)


同じ時代に生まれることが出来て有難いな~と感じる有名人は、自分の中に三人おりまして、そのうちの一人がイチロー(敬称を付けると何か違和感があるのであえて呼び捨てで失礼いたします)なんです。


早いもので、もう引退から一週間が過ぎました。


引退記者会見で語られた言葉の数々は報道を通じて目にしていましたが、やはりすべて見ておこうと思い、改めて会見をすべて見ました(→ご覧になりたい方はこちら)。


なんでしょう。こういう感覚は初めてでした。
涙を誘うような会見ではなく、記者からの質問に対して淡々と、でも真剣に言葉を選んで話すその言霊の真っ直ぐさや強さに対して涙腺が緩みました。


一番グっときたのは、
「遠回りすることでしか本当の自分に出会えない」
という言葉。
無意識に自分自身のこれまでの人生をそこに重ね合わせたのかもしれません。


スクリーンショット (68)


その他にも、普通の人に言われたら「まあそうだよね」ぐらいにしか感じなさそうだけれど、イチローが言うから重みがある、と感じる数々の言葉がありました。


会見を聴きながら少し文字起こししてみました↓


「自分に向くか向かないかというよりも、自分が好きなものを見つけてほしいなというふうに思います」
(↑子どもたちへのメッセージとして)


「やりたいならやってみればいい。“できる”と思うから挑戦するのではなく、“やりたい”と思えば挑戦すればいい。その時にどんな結果が出ようとも後悔はないと思うんですよね」


「孤独を感じて苦しんだこと、多々ありました。ありましたけど、その体験は未来の自分にとって大きな支えになるんだろうと今は思います。だから、辛いことしんどいことから逃げたいと思うのは当然のことなんですけど、でもエネルギーのある元氣なときにそれに立ち向かっていく、そのことは凄く人として重要なことなんではないかなというふうに感じています」

その言葉の直後(会見の最後)がまた良かった(笑)↓
 
「(ビシっと)締まったね!最後!いや~、、、ね、長い時間ありがとうございました。眠いでしょ?みなさんも、ね~、いや~、じゃあそろそろ帰りますか?ね?」


スクリーンショット (71)


その他、菊池雄星投手について「こんなにいい子、いるのかな?という感じですよ」と評したり、「色々な選手を見てきたんですけど、左ピッチャーの先発って変わってる子が多いですよ(笑)、ほんとに」と発言していた部分は面白かったですね。


実は一度ご縁があり、少人数での食事会の席で菊池雄星投手(当時は西武ライオンズ所属)とご一緒したことがございまして、イチローの「こんなにいい子、いるのかな?」については深く頷くところであり、そういえば握手した時の握力凄かったな~などということを思い出したのでした。


スクリーンショット (69)


他に印象的だったのは、

・大谷翔平選手について「世界一の選手にならなきゃいけないですよ」と発言したり、

・アメリカの野球について「頭を使わなくてもできてしまう野球になりつつあるような」と危機感を口にしたり

日本のプロアマ協定について言及した

部分でした。



人と比べるということはせず、地道な自己研鑽でしか己も想像できないような大きな成果は得られないということを、その言動をもって示してくれたイチロー。


胸が高鳴る数々のプレーで魅了していただき、本当に有難うございました!



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







現在、「第17回三浦海岸桜まつり」が開催されており、正に今が見頃となっております。

スクリーンショット (65)


今年は昼間の青空をバックに満開の様子を撮ることが(スケジュール的に)出来なさそうなので、代わりに夜のライトアップを撮影してきました。


iPhone(6s Plus)での夜の撮影はなかなか難しいですが、接近して撮影する分にはそこそこ綺麗に写るようです。


↓三浦海岸駅前にて↓
IMG_0024

IMG_0025

IMG_0026


↓線路沿い(三浦海岸駅~三崎口駅)の「菜の花通り」↓
IMG_0023

IMG_0022


この先、あまりスカッと晴れる日がないようです。

曇り空の場合、どうしても桜の綺麗さが半減してしまうような気がしますので、そういった意味でもライトアップはかなりオススメです。



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







IMG_7994

IMG_7995

IMG_7996



 『 乾坤一擲 』
   -けんこんいってき-


~  自らの運命をかけて、のるかそるかの大勝負に出ること  ~





- 2019.1.15 嫁入り作品 -

(※「擲」の字は中国の芸術家 呉昌碩 [ごしょうせき] の筆跡を参照)



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







平成最後の立春の朝を迎えました。

昨夜からの強風が、新しい時代のへの佳き後押しとなることを祈念致します。
IMG_9908[1]


ということで、今年も『立春大吉日喼急如律令』(りっしゅんだいきちじつきゅうきゅうにょりつりょう)を恵方(今年は東北東)に向けて貼りたいと思います。


※ご購入いただいた方もいらっしゃる関係で作品の一部のみをアップしております。



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







↑このページのトップヘ