書道家 龍玄 公式ブログ

神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。 「龍を宿す書道家」 龍玄の日常。

第十回個展を2022年11月2日(水)~6日(日)に広尾にて開催予定。

「龍玄 書道教室」主宰。



■書道家 龍玄 プロフィール

1980年1月29日生まれ。
東京都大田区出身、神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。
東京都立小山台高校、明治大学法学部 卒。


書の基本を学び続けながら、そこに自らの独自の感覚を加えることによって、繊細なタッチの作品、迫力ある豪快な作品、更には文字ではない前衛的な作品まで幅広く書き分ける。

そのため、個展開催時には作品たちをご覧になった方々から「一人の人が書いた作品とは思えない」というご感想がしばしば聞かれる。

また、様々な作風を書き分ける一方で、作品には共通して「龍が宿る」というご感想も数多くいただく。

人々の心の琴線に触れるような作品やパフォーマンスをお見せすることによって、それをご覧になった方の「意識の覚醒」を促すべく、活動を続けている。


【個展開催実績】
2014年10月  第一回個展『 NO LIMIT 』を表参道にて開催
2015年12月  第二回個展『 覚醒への誘い 』を渋谷にて開催
2016年10月  第三回個展『 飛翔 』を田園調布にて開催
2017年4~5月 第四回個展『 真我 』を田園調布にて開催
2017年12月  第五回個展『 波動 』を自由が丘にて開催
2018年11月  第六回個展『 七つの海 』を広尾にて開催
​2019年12月  第七回個展『 麟鳳亀龍 -rinpohkiryu- 』を元麻布にて開催
2020年11月  第八回個展『 感 』を田園調布にて開催
2021年11月  第九回個展『 開 -KAI- 』を広尾にて開催


【主な作品の提供先】
・TBSテレビ「世界バレー」
(番組タイトル、横断幕『覇氣』、選手名など)
・日本テレビ「NEWS ZERO」
(米ロックバンド「KISS」コラボ作品画像)
・防衛省広報誌「MAMOR」
・読売ジャイアンツ 伊藤優輔投手(サイン制作)
・元 外務副大臣 中根一幸 様(花押制作)
・第64代横綱 曙太郎 様
・一般社団法人 日本花押協会 様
・学校法人 河合塾 様
・ラーメン店 「麺屋 翔」様
・春日酒造株式会社 様(日本酒『龍游』ラベル) etc



三浦海岸の浜でドローンを使用して制作した1分間のプロモーションビデオ↓








広尾での個展(11/3〜7)のセッティング風景を妻が編集してアップしてくれました(テロップで色々と褒めてくれております 笑)。

個人的には、1分ぐらいのところから始まる「作品の設置場所に悩みなかなか飾れない自分の様子」が面白いです😆

動画の中に作品の写真もかなり入っておりますので、ネタバレを避けたい方はご来場後にお楽しみくださいませ ↓





書道家 龍玄 第九回個展『 開 - KAI - 』


■日時
2021年 11 月 3 日(水/文化の日)~ 7 日(日)
13:30~18:00(最終日のみ17:00まで)
※龍玄は常時在廊しております


■場所
「ギャラリー 工房 親 CHIKA」
東京都 渋谷区 恵比寿 2-21-3
(東京メトロ 日比谷線「広尾駅」2番出口 徒歩6分)


■入場料
1,000円(高校生以下の方は無料)


皆様とお会い出来ますことを大変楽しみにしております(^^)



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







IMG_E7742









『 咲 』


~  あなたの 胸に  ~







書道家 龍玄 第九回個展『 開 - KAI - 』



■日時
2021年 11 月 3 日(水/文化の日)~ 7 日(日)
13:30~18:00(最終日のみ17:00まで)
※龍玄は常時在廊しております


■場所
「ギャラリー 工房 親 CHIKA」
東京都 渋谷区 恵比寿 2-21-3
(東京メトロ 日比谷線「広尾駅」2番出口 徒歩6分)


■入場料
1,000円(高校生以下の方は無料)


皆様とお会い出来ますことを大変楽しみにしております。



書道家 龍玄
ダウンロード (1)

ブログで書くのは初めてかもしれませんが、実はわたくし大のお笑い好きでございます(笑)

おとといの「キングオブコント2021」は史上希に見る高レベルな戦いでしたね。

かまいたちの山内さんが「伝説のネタ」と評していた通り、空気階段のファーストステージのネタは凄かった。。。

そして最後にお米1トン分の副賞を渡された時、鈴木もぐらさんが「1トン」と大きめの声で呟いていたのが地味に面白かったです(笑)

そんな中、私が一番印象に残ったのは、うるとらブギーズのファーストステージのネタでした。
ずっと笑っていられましたし、もう一度見ても笑えるという意味ではあの迷子センターのネタが私の中では一番でした。
「定菱」って、、、笑

それにしてもお笑いのショーレースの採点は本当に難しいですよね。
気軽に見ながら勝手に点数をつけている一視聴者の私がそうなんですから、実際に審査を行なう5人の方々は本当に大変だろうと思います。
基本的には大体審査員の皆さんと同じぐらいの点数を各コンビにつけたと思いますが、うるとらブギーズにはもう少し点数をつけてあげてほしかったな~というのが正直なところですね。

今年一新された審査員の皆さんも、お笑い好きが納得のいく人選で素晴らしかったです。

次の大きなショーレースは「M-1グランプリ2021」。
年末が楽しみです(^^)



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







7年連続9回目となる個展を都内(広尾)にて開催させていただきます。

本年は文化の日(11月3日)からの5日間(11月7日まで)となります。

このようなご時世ではございますが、このようなご時世だからこそ生の作品をご覧いただき、心の活力としていただければ幸いです。





書道家 龍玄 第九回個展『 開 - KAI - 』



それは誰にでもある。
ただ、眠ったままで感じていないだけ。


そう、あなたにも、ある。




感覚を開け
時代を開け
自分を開け





■日時
2021年 113 日(水/文化の日)~ 7 日(日)
13:30~18:00(最終日のみ17:00まで)
※龍玄は常時在廊しております


■場所
「ギャラリー 工房 親 CHIKA」
東京都 渋谷区 恵比寿 2-21-3
(東京メトロ 日比谷線「広尾駅」2番出口 徒歩6分)

※ギャラリーに駐車場はございませんので、大変恐縮ですが、お車でお越しの際は近隣のコインパーキングをご利用くださいますようお願い申し上げます。


■入場料
1,000円(高校生以下の方は無料)


■その他
大変恐縮ではございますが、会場内ではマスクの着用をお願い申し上げます。





kaibyaku_omote_有料_page-0001
kaibyaku_ura_page-0001





皆様とお会い出来ますことを大変楽しみにしております。



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







昨年11月に行なった第八回個展『 感 』の会場にて『 天衣無縫 』という作品に一目惚れしてくださった方がいらっしゃいました。

「もし良い引っ越し先が見つかれば、その時嫁に迎えたい」とのことだったのですが、今年に入って見事に良い物件に出逢われ、ご自宅に迎え入れていただきました。
IMG_E6892

IMG_E6890

IMG_6894

IMG_E6893




『 天衣無縫 』


~ 技巧の跡が見えず、自然であって且つ完全無欠で美しいこと 





書道家 龍玄
ダウンロード (1)







本日のランチは何度か行かせていただいている三浦海岸駅前の『ao』さんへ。

ちなみに読み方は「あお」さんです。
IMG_7354

IMG_7357

IMG_E7355

IMG_E7356


私はAランチで<今日のパスタ>は「牛スネのラグー」をいただきました↓
IMG_E7353


こちらは「三浦野菜のサラダ」↓
意外とボリューミーです。
IMG_E7352


ちなみに<今日のパスタ>のメニューの中に「カレー」があり、そちらを注文することも可能です。

今日は「シャリカレー」の他に「シャリマッサマンカレー」があり、妻はそちらを注文しました↓
(パクチーが乗っているので、パクチー嫌いの方は要注意)
IMG_2257[1]


ランチのお値段としては少々高めですが、毎回確かなお味の『ao』さん。

また伺おうと思います(^^)



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







このたび天竜川の流れる長野県伊那市の蔵元「春日酒造株式会社」様(旧社名:漆戸醸造株式会社)より新しい日本酒のブランド『龍游(りゅうゆう)』が誕生し、そのラベルを書かせていただきました。


▼2021年全国新酒鑑評会にて入賞を果たした「大吟醸」▼
IMG_E7108

▼農薬不使用の長野県産美山錦を100%使用した「純米」▼
IMG_E7107

御中元にも最適かと思われます。

個人的には冷蔵庫に入れて冷酒としていただくのがオススメです🍶
是非ご賞味いただければ幸いです(^^)


▼春日酒造株式会社のネットショップからご購入いただけます▼



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







先日、登山に連れて行ってほしいという友人からの要望に応え、おそらく約2年振りとなる登山をして参りましたので、その記録を記しておきたいと思います。

場所は、山梨県にある日本二百名山の三ツ峠山(みつとうげやま/標高1,785m)。

大体の時間は以下の通りでした。


6:50 都内(大田区)出発
   ↓
   ↓車で移動
   ↓
8:45「ベーカリー&カフェ エソラ」着(昼食購入 http://esola.blue/ )
8:55「ベーカリー&カフェ エソラ」発
   ↓
   ↓車で移動
   ↓
9:05「フジヤマパーキング」着(河口湖駅前の大きな駐車場)
9:50「河口湖駅」発
   ↓
   ↓路線バスで移動(富士急行バス/運賃740円 Suica・PASMO利用可)
   ↓
10:15「三ツ峠登山口」着
10:20「三ツ峠登山口」発(登山開始)
   ↓
   ↓登り
   ↓
11:35「三ツ峠山 頂上」着(昼食休憩)
12:15「三ツ峠山 頂上」発(下山開始)
   ↓
   ↓下り
   ↓
14:40「三つ峠駅」着
14:52「三つ峠駅」発
   ↓
   ↓電車で移動(富士急行/運賃570円 Suica・PASMO利用可)
   ↓
15:16「河口湖駅」着
15:30「フジヤマパーキング」発
   ↓
   ↓車で移動
   ↓
16:05「より道の湯」着
17:00「より道の湯」発
   ↓
   ↓車で移動
   ↓
17:50「石川PA」着(その先の事故渋滞解消を目論み、早めの夕食)
18:??「石川PA」発
   ↓
   ↓車で移動(事故渋滞解消済み)
   ↓
19:15「池袋駅」着


ここからは写真を掲載していきたいと思います。


「三ツ峠登山口」停留所でバスを降りたら、しばらくアルファルトの道を登って行きます(トイレはありません)↓
IMG_6908

IMG_6909


登りはかなりスローペースでしたが、1時間15分ほどであっという間に頂上に到着しました。
梅雨の時期とは思えない眺望が広がっており、裾野を広げた富士山は圧巻の一言↓
IMG_6910

IMG_6911

IMG_6912

IMG_6913


左側に見えるのがロッククライミングの名所である「屏風岩」↓
IMG_6914


先程富士山を望んだ場所は厳密に言うと「三ツ峠山荘」の前であり、そこからほんの少しだけ緩やかに登ると本当の頂上になります(写真の左側)↓
但し、本当の頂上からは木々に遮られて富士山は見えません。
IMG_6915


三つ峠駅への下山開始後、早い段階で屏風岩に遭遇します↓
IMG_6916

IMG_6917


上の方に二人のクライマーがいらっしゃり、お一人の方(女性)からは「こわい~」という生々しい声が聞こえてきました(笑)↓
IMG_6919

IMG_6923

IMG_6924

IMG_6927

IMG_6929

IMG_6930

IMG_6931

IMG_6933


振り返ると真ん中に三ツ峠山が見えます↓
IMG_6934


三つ峠駅まであと少し↓
IMG_6935


無事に到着しました↓
IMG_6936

IMG_6937


ホームからも三ツ峠山が見えます↓
IMG_6941

IMG_6943


偶然ですが、機関車トーマスとのコラボ車両「トーマスランド号」に乗ることが出来ました↓
IMG_6945

IMG_6946

IMG_6949


河口湖駅に到着すると京王線で使われていた車両が停車していました↓
IMG_6952

IMG_6953


「フジヤマパーキング」から「トーマスランド号」と富士山を望む↓
IMG_6954


30分200円で上限なしの駐車場「フジヤマパーキング」。
6時間31分駐車して2,600円でした↓
IMG_E6967

※2021年6月12日現在、Googleの地図上では河口湖駅の近くに「タイムズ河口湖駅前」というコインパーキングがあることにあっていますが、実際には閉鎖されていますのでご注意ください。


「都留市駅」近くにある「より道の湯」に文字通りより道して帰路に就きました。
それにしても独特な入口でした↓
IMG_6955


今回一緒に登った友人からは富士山に登りたいと言われていますので、今年はどこかのタイミングで4回目の富士登山を実行するかもしれません。



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







↑このページのトップヘ