書道家 龍玄 公式ブログ

神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。 「龍を宿す書道家」 龍玄の日常。

■書道家 龍玄 プロフィール

1980年1月29日生まれ。
東京都大田区出身、神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。
東京都立小山台高校、明治大学法学部 卒。
大筆師範。

書の基本を学び続けながら、そこに自らの独自の感覚を加えることによって、繊細なタッチの作品、迫力ある豪快な作品、更には文字ではない前衛的な作品まで幅広く書き分ける。

そのため、個展開催時には作品たちをご覧になった方々から「一人の人が書いた作品とは思えない」というご感想がしばしば聞かれる。

また、様々な作風を書き分ける一方で、作品には共通して「龍が宿る」というご感想も数多くいただく。

人々の心の琴線に触れるような作品やパフォーマンスをお見せすることによって、それをご覧になった方の「意識の覚醒」を促すべく、活動を続けている。


【個展開催実績】
2014年10月  第一回個展『 NO LIMIT 』を表参道にて開催
2015年12月  第二回個展『 覚醒への誘い 』を渋谷にて開催
2016年10月  第三回個展『 飛翔 』を田園調布にて開催
2017年4~5月 第四回個展『 真我 』を田園調布にて開催
2017年12月  第五回個展『 波動 』を自由が丘にて開催
2018年11月  第六回個展『 七つの海 』を広尾にて開催
​2019年12月  第七回個展『 麟鳳亀龍 -rinpohkiryu- 』を元麻布にて開催
2020年11月  第八回個展『 感 』を田園調布にて開催


【主な作品の提供先】
・TBSテレビ「世界バレー」
(番組タイトル、横断幕『覇氣』、選手名など)
・日本テレビ「NEWS ZERO」
(米ロックバンド「KISS」コラボ作品画像)
・防衛省広報誌「MAMOR」
・読売ジャイアンツ 伊藤優輔投手(サイン制作)
・元 外務副大臣 中根一幸 様(花押制作)
・第64代横綱 曙太郎 様
・一般社団法人 日本花押協会 様
・学校法人 河合塾 様
・ラーメン店 「麺屋 翔」様  etc



三浦海岸の浜でドローンを使用して制作した1分間のプロモーションビデオ↓








こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


Facebook(フェイスブック)を利用されていらっしゃる方も多いかと思いますが、Facebookには「過去のこの日」という機能がありまして、「〇年前の今日自分が投稿した記事」を見られるようになっています。

今日それをふと見てみましたら、こちらの写真が出てきました↓
IMG_1481

4年前の今日、つまり2013年1月10日の写真です(まだ会社員でした)。


真ん中が私(ちょっと若い 笑)、私の右隣りが武田双雲さん、そして作品 『動』 の左側におりますのが私の師匠 武田双龍です。


師匠の教室の生徒有志が一人一作品出品する作品展が、池袋の東京芸術劇場で開催された時の様子です。


全部で170人ほどが出展した会場内で、双雲さんのお気に入りベスト3の中に選んでいただき、 当時ブログやツイッターに投稿していただきました。


たった4年前ですが、もう前世か?というぐらい昔のことのように感じます (笑) 



書道家 龍玄








ご挨拶が遅くなりましたが、

新年あけましておめでとうございます。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。 

本年も宜しくお願い申し上げます。



今年は酉年ですね。

書き終わった後に人から言われて気づいたのですが、てっぺんの部分にが出現しました
⑦『鳥 -bird-』


今年も妻(熊木幸奈)の師匠が主催する 「年越し瞑想会」 での年越しからスタート致しました。

友人から初日の出を見に来るという連絡があった為、元日の朝4時に瞑想会が終了した後、寝ずに友人の到着を待ちました。

そして迎えた初日の出
IMG_1374

IMG_1382

IMG_1388

IMG_1397


かなりの人出でした↓
IMG_1373

IMG_1389


その後明るくなってから、あるスポットからの富士山を撮影したかったので、その場所まで歩きました。

これも場所としては三浦海岸になります(丘の上です)↓
IMG_1399

畑の向こうに富士山
IMG_1401


さて、今年はどんな年になっていくのでしょうか。

楽しみです。



書道家 龍玄







 

こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


先日のクリスマスイヴの日に、第64代横綱で現在はプロレスラーとしてご活躍されている曙さんのご自宅に書作品 『立』 の納品に伺わせていただきました。
IMG_1357[1]


株式会社王道 ならびに プロレスの新団体立ち上げのお祝いとして、ある方からご依頼を受け、書かせていただきました。


お書きする文字は私にお任せいただけるとのことでしたので、(口頭で)ご依頼いただいたその瞬間に降りてきた文字 『立』 を書かせていただきました。


大相撲という過酷な現場で土俵に「立」ち続け、現在もプロレスラーとして過酷なリングの上に「立」ち続ける曙さんのことを思って筆を握らせていただきました。


このたびの貴重なご縁に感謝申し上げます。



書道家 龍玄







 

こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。 


お仕事をご依頼いただく際のパターンの種類というのは色々ございますが、先日まさかの方から作品のご依頼を受けました。


自宅玄関の掃除をしていたところ、ご近所の奥様から話し掛けていただき、作品のご依頼をいただいたのです。


最も身近でないパターンというのは、見ず知らずの方から私のホームページ経由でお仕事をご依頼いただくパターンですが、今回はそれとは正反対の身近過ぎる場面でのご依頼で驚きでした。


そしてどちらのパターンも、私としてはとても嬉しいご依頼なのです。


ちなみにご依頼いただきましたのは、フォトフレームサイズの 『悠(はるか)』 という作品でした。
IMG_1360[1]


昨年の4月に三浦海岸へ引っ越すことになったご縁に感謝です。



書道家 龍玄







 

こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


本日は、個展作品 『龍』 をN様邸に納品させていただきました。
IMG_1332
15578638_1236984979728225_6436775484719135941_n


本年10月末に行なった個展でも展示させていただいたこの作品。

実はN様は、昨年12月に行なった個展の時から目を付けていらっしゃいました。

N様にとっては、1年越しの念願が叶い、ご自宅に迎え入れることが出来たというわけです。

迎え入れる為に、元々設置していた時計の位置をズラしていただいたり、本当に有難い限りです。

N様がFacebookに投稿してくださった文章がこちら↓

---------------------------------
我が家のリビングに待ちに待った「龍」をお迎えしました✨
パワーをいただいて、2017年は龍の如く昇っていきたいです。
「龍」を背にソファーに座っていると、背中が熱く感じられます✨ 
---------------------------------



最後に記念写真を
15578531_1237692112990845_5341318114566866576_n



今週は納品続きでして、明日も個展作品を納品させていただきます。

作品たちがお嫁に行くことが出来て大変嬉しく思っております。



書道家 龍玄







 

こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。 


元劇団四季のトップアクターである望月龍平氏が演出を手掛ける音楽劇『君よ生きて』の題字を書かせていただいております。
15349658_1267337946622334_2516630493976337545_n


シベリア抑留と舞鶴港への引き揚げを描いたこの舞台は、2014年の初演でいきなりの全公演チケット完売を記録。

私が観劇した回には、某国会議員の方もいらっしゃっていました。

文部科学省選定作品にもなっております。 

ちなみに望月龍平氏はこちらの「CATS」の写真で左から2番目(白い猫)に写っている方です。
cats

 

公演概要は以下の通りです。
 
 
【大阪公演】
2017年2月3日
大阪市中央公会堂 大集会室 
(大阪市北区中之島1丁目1番27号)
【東京公演】
2017年2月22日〜26日
天王洲 銀河劇場 THE GALAXY THEATRE
(東京都品川区東品川2-3-16 シーフォートスクエア内2階) 
チケット申込:http://ryuheicompany.com/performance/kimiyoikitetokyo.html





書道家 龍玄








こんにちは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


もう一ヶ月近くも前のことになりますが、自宅に高校時代の友人たち&そのお友達のイギリス人カップルを迎え、書道のワークショップを開催させていただきました。


お手本書きの様子(高校時代の友人のお名前)
14964176_1166822910065970_2042297434_o


 お手本書き & トッシュ(男性)とキャサリン(女性)が好きな言葉を漢字で書いているところ
さち加工済(下カット)


 お手本書き & トッシュ(男性)とキャサリン(女性)がご自分たちのお名前をアルファベットで書いているところ
15152958_1166822983399296_1192081572_o


集合写真
IMG_1154


トッシュは、友人が当て字で「徳取」という字を当てまして、その一字「」を書いてくれたのですが、これがなんとも味のある字で、日本人一同驚いたのでありました(笑)

貴重な経験をさせてくれた友人たちに感謝致します。



書道家 龍玄







 

こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。 



12月7日のブログにて、

「近々、秩父の両神山(りょうかみさん)に登る予定」

と書いておりましたが、先日決行して参りました。



当日は都内の実家に泊まりまして、朝5:00に車で出発致しました。

心配した
環八の渋滞も、この時間はまだ無く、スイスイでした。

練馬から関越道に入り、鶴ヶ島JCTを経て圏央鶴ヶ島からは一般道。

西武秩父駅
に到着したのが7:30ぐらいだったと思います。

ここで仲間たちと8:00に待ち合わせをしていましたが、電車が遅れたりということもあり、登山口である
日向大谷への出発は遅くなりました。

結局、
日向大谷から登り始めたのが9:30ということで、遅めの登山開始となりました。



それぞれのペースで登るものの、共通ルールとして、「もし頂上に辿り着いていなかったとしても、13:00の時点で下山を開始する」ということを決めていました。

登りの標準タイムは3時間半(日向大谷コース)ですので、標準タイム通りだとギリギリ頂上に辿り着けるという計算です。

これだけタイムを気にする登山は初めてでしたので、緊張感はありましたが、なんとしても頂上に辿り着きたいという気持ちが強くありました。

そして、結果としては3時間強で登頂することが出来ました。
 IMG_1284[1]

問題は下りです。

元々下りが苦手な上にかなり傾斜が急でして、膝への負担はかなりのものでした。

そして、8年前に中級者向け(本によっては「熟練者向け」とも書いてある)の七滝沢コースを通ったことで道に迷って遭難したのも下りでした。

今回は登りと同じ日向大谷コースを下るということで、ほとんど心配はしていませんでしたが、それでも
「あれ?ここ登山道?」という怪しい場面はありました。

とにかく枯れ葉がたくさん落ちているので、この時期は登山道が分かりにくくなっているのではないかと思います。

下りの標準タイムは2時間半ですが、おそらくそれぐらいのタイムで下ったのではないかと思います。



遭難することなく、ケガをすることなく、無事に登山を終えることが出来て、本当に良かったです。

機会があれば七滝沢コースのリベンジもしてみたいなと、実は思っております。。。



書道家 龍玄







 

↑このページのトップヘ