書道家 龍玄 公式ブログ

神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。 「龍を宿す書道家」 龍玄の日常。

■書道家 龍玄 プロフィール

1980年1月29日生まれ。
東京都大田区出身、神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。
東京都立小山台高校、明治大学法学部 卒。
大筆師範。

書の基本を学び続けながら、そこに自らの独自の感覚を加えることによって、繊細なタッチの作品、迫力ある豪快な作品、更には文字ではない前衛的な作品まで幅広く書き分ける。

そのため、個展開催時には作品たちをご覧になった方々から「一人の人が書いた作品とは思えない」というご感想がしばしば聞かれる。

また、様々な作風を書き分ける一方で、作品には共通して「龍が宿る」というご感想も数多くいただく。

人々の心の琴線に触れるような作品やパフォーマンスをお見せすることによって、それをご覧になった方の「意識の覚醒」を促すべく、活動を続けている。


【個展開催実績】
2014年10月  第一回個展『 NO LIMIT 』を表参道にて開催
2015年12月  第二回個展『 覚醒への誘い 』を渋谷にて開催
2016年10月  第三回個展『 飛翔 』を田園調布にて開催
2017年4~5月 第四回個展『 真我 』を田園調布にて開催
2017年12月  第五回個展『 波動 』を自由が丘にて開催
2018年11月  第六回個展『 七つの海 』を広尾にて開催
​2019年12月  第七回個展『 麟鳳亀龍 -rinpohkiryu- 』を元麻布にて開催
2020年11月  第八回個展『 感 』を田園調布にて開催


【主な作品の提供先】
・TBSテレビ「世界バレー」
(番組タイトル、横断幕『覇氣』、選手名など)
・日本テレビ「NEWS ZERO」
(米ロックバンド「KISS」コラボ作品画像)
・防衛省広報誌「MAMOR」
・読売ジャイアンツ 伊藤優輔投手(サイン制作)
・元 外務副大臣 中根一幸 様(花押制作)
・第64代横綱 曙太郎 様
・一般社団法人 日本花押協会 様
・学校法人 河合塾 様
・ラーメン店 「麺屋 翔」様  etc



三浦海岸の浜でドローンを使用して制作した1分間のプロモーションビデオ↓








こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


遅ればせながら、10月22日に北海道千歳市(新千歳空港の程近く)にオープンされた牛カツ専門店 『牛カツ也 華ノ枝』 (ぎゅうかつや はるのえ) の看板を書かせていただきました。
14642098_686789611476479_2672932964020267415_n

今度北海道に行く時には必ず伺う予定です。

オーナー様とのご縁に感謝申し上げます。



書道家 龍玄







 

こんにちは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


近々、秩父の両神山(りょうかみさん)に登る予定の為、昨日はそのウォーミングアップの為に葉山にある大楠山に妻と登って参りました。

標高242mという低い山ではありますが、一応三浦半島最高峰です。

県道134号にある交差点「前田橋」から山の方(要は海とは逆側)に歩いて行きます。

途中で前田川遊歩道に入る場所があり、そこを歩いて行くパターンもあるようですが、我々はスルーしてそのまま公道を歩きました。

カーブはあるもののほぼ一本道。

そして、途中で右に入る場所があり(公道としては、左上に急カーブ&急勾配になっている場所)、そこを入るとこちらの標識が現れます。いよいよ登山スタートといった感じです。
IMG_1246


最初は下りが意外と多く、それに驚きました。
IMG_1247


登山道はかなり階段が多く、それが意外とキツくもありました。

おっ?頂上か?
IMG_1248


頂上なのか???
IMG_1249


頂上ではありませんでした。
頂上はまだ200m先でした(笑)
IMG_1254


こちらが頂上。
IMG_1255


「椅子なのに、のらないで、ってどういうこと?」と妻がツッコミを入れておりました(笑)
IMG_1256


昨日は快晴でございました。
IMG_1257


かなりぬかるんでいる場所もあり、滑りやすくなっていて危険でしたが、枯れ葉のクッションは気持ちが良かったです。
IMG_1258


妻の後ろ姿。
IMG_1259


往きに気になっていた直売所にてミカンとトマトを購入し、帰宅したのでありました。
IMG_1262


さあ、両神山はどうなることやら。



書道家 龍玄







 

こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


先日、数年振りに師匠の 武田双龍 と飲みに行きました。
(師匠は、大河ドラマ『天地人』の題字を書いたり、メディア出演を多数されている武田双雲さんの弟に当たります)
IMG_1213[1]

もしかしたら、書道や書道家に対する世間一般のイメージは、和服であったり、年配の方がやられていたりというものなのかもしれませんが、この写真は全くその逆ですね(笑)

師匠の方が年下というのも面白いところだと思います。

久しぶりに普段聞けないようなお話しをお聞きすることが出来、また私としても普段師匠にお話ししないようなお話しをすることが出来、大変楽しい宴となりました。



書道家 龍玄







 

こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


昨日、ご依頼いただいている作品を何時間もぶっ続けで書いていました。

体へのダメージはかなりのもので、今日も朝からその勢いで書くということは出来ない為、気分転換に近くの神社(三峯神社の分社)に参拝しました。

その直後、なかなか経験しないようなだるさに襲われました。
 
スピリチュアルな能力が高い友人と、そのことについてメールのやり取りをしたところ、
 
「アーティストは絶対に無理をしてはいけない」

「無理をしたら良い作品は生まれない」

ということをその神社に宿る神(龍神の可能性があるとのこと)が教えてくれたのかもしれないと伝えてくれました。

元々無理はしない方なので、今までの自分のやり方が正しかったのだと再確認させていただき、大変有難かったです。

ちなみに無理せず3時間昼寝をしましたので、かなり回復しました。

また今夜もしくは明日から作品制作に励みたいと思います。



書道家 龍玄







 

こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


先日の個展にて作品をご購入いただいた方々とのランチ会を、波動の高いパークハイアット東京にて昨日開催させていただき、皆様を無料ご招待させていただきました。 
IMG_1193[2]

毎回素敵な方々のところにお嫁に行く作品たちは本当に幸せ者です。

ご縁に感謝申し上げます。



書道家 龍玄








 

こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。 


実は趣味が登山、、、のはずなのですが、全く山に登れておらず、そんな中12月にとある山に登ることにしている為、そのトレーニングを兼ねて近場の山に登って参りました。

それも笑ってしまうぐらいの近場でして、スタートはなんと自宅(笑)

お隣りの津久井浜駅まで歩き、引き続き公道を歩き、そして山の中へ。

自宅をスタートしてから約2時間半ほどでしょうか。
三浦富士の山頂です。
15079023_1165411706873757_4654111658532313152_n

そこから砲台山武山を巡って下山いたしました。

武山では思いがけず素敵な夕景を堪能させていただきました。
IMG_1148

 海だけではない地元を、これからも楽しんでいきたいと思います。



書道家 龍玄







 

こんにちは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


先日、ご縁があり、都内の神社やお寺を巡るツアーのようなものに参加させていただきました。

その中で明治神宮にも参拝させていただいたのですが、予期せず銅板奉納というものをさせていただく機会に恵まれました。
15052046_1160318124049782_372641593_o

2020年に鎮座百年を迎えるに当たり、社殿の屋根葺き替え工事が行なわれており、その際に使用される銅板を奉納出来るというものです(ちなみに費用は3,000円です)。

銅板に「祈願したいこと」・「日付」・「自分の名前」を書かせていただき、それが社殿の屋根の一部となります

私の役目は、自分が生み出す作品やパフォーマンスを通して世界の波動を上げていくことだと思っておりますので、『世界平和』と書かせていただきました。

ちなみに「自分の名前」に関しては、いわゆる芸名がある場合はそちらでも良いそうです。
(私は「龍玄」と書かせていただきました)

後ろに写っているのは、10月下旬に生まれ変わったばかりの南玉垣鳥居(第三鳥居)です。

このようなタイミングで参拝させていただくことが出来、大変嬉しく思います。



書道家 龍玄







 

こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


10月26日から30日まで開催された
~ 書道家 龍玄  第三回個展 『飛翔』 ~
が無事に閉幕いたしました。

本年は5日間という短い日程でしたが、250人ほどの方々にご来場いただきました。

また、私が生まれ育った地元での開催ということもあり、小学校・中学校・高校の同級生や小学校の時の担任の先生にもお越しいただき、懐かしい再会にも恵まれた個展となりました。

今回は、写真家の坂本貴光氏とコラボレートさせていただき、『神の意志』という(いわゆる高額)作品を発表致しました。

その作品が個展最終日にお嫁に行くことが決定しまして、更にその貰い手の方がFacebookに素敵な素敵な投稿をしてくださったのです。

ご本人の承諾を得ましたので、私としては少々恥ずかしい部分もあるのですが、文章とお写真をそのまま掲載させていただきます。


---------------------------------


書道家龍玄。

その書には、龍が宿るという。

その書は見る者の潜在意識を覚醒させる。

彼と。

初めて会ったのは、9月のこと。

友人の会社の創立記念パーティ。

たくさん話したわけではないのだけれど、彼に会ったあの時に、必ずこの個展に行くことを決めていた。

彼の書を見たのは一度だけ。

ほとんど彼のことを知らなくとも。

絶対に行くとそのことだけが決まっていた。

まさか、あんなことになるとは思ってはいなかったけれど。

人生は、何が起こるかわからないから、面白い。

当日わたしは受付をしていた。

彼の書があるその空間に、何時間もいることができるなんて、それだけでとてもとても価値のあることだと思った。

迷いはなかった。

ただその場所のその空気に浸りたい。

それだけだった。

田園調布駅からほど近く。

その場所は想像通りにとても美しく清浄だった。

何よりも、心地よいエネルギーに満ち溢れていた。

真っ白で、心がすうっと整うような、そんな空間に。

彼の書が鮮やかに並んでいた。

ひとつひとつが、個性的で。

書体も印象も異なっていて。

優しさ、

穏やかさ、

激しさ、

雄々しさ、

楽しさ、

軽やかさ。

ひとつひとつが、個性に満ち溢れていた。

ひとつひとつ、字だけではなくその印象が全く違う書。

それでも、このいろとりどりの書が、すべて龍玄さんなのだと、そう思う。

降りてきたものを「書」という形で顕わすとき、同じ書体では表現できないものがある。

力強さを表現したければ力強い書体に。

爽やかさを表現したければ爽やかな書体に。

心のままに、降りてきたイメージのままに、書き上げたその結果が、いろとりどりの書なのだろう。

それは、自分に制限を設けない、ということだ。

ひとりのひとが書く文字は、一通りでなくてもいい。

可能性は、いくらでもある。どんな姿にもなれるのだ。

そんな彼の書は、そのすべてを通して変幻自在の龍の存在を感じる。

彼の書には、そこかしこに龍の姿が見えるのだ。

その中でも一番多くの龍の姿を見たのは「飛翔」。

その筆の穂先に、

その飛沫の片隅に、

宿るは雄々しき龍のかけら。

その書のどこを見ても、龍が宿るその姿しか見えなかった。驚くほどに、どこを見ても龍がいた。

彼自身の、これからの飛翔する姿を、そして彼と繋がる人々が、共に上昇していくその姿を見たような気がした。

飛翔、の名に相応しい。

圧倒的な、エネルギー。

この書に見合う場所はどこだろうか、この書に見合う場所はあるのだろうかとそう考えるほどに。

まさに、この個展のための、書。

「龍」の書よりも龍の姿を見る。

そんな不思議な感覚を覚える書。

それが、「飛翔」だった。

わたしが訪れた時にはすでに行き先が決まっていた「龍」。

圧倒的なエネルギーを感じる不思議な作品だった。

何枚も何枚も書いた「龍」の中から選んだ一枚。

けれどそれは右上が不自然に切れていて。

それが「龍」の存在を更に神秘的にしているようだった。

見方によっては未完成にも見える「龍」。

だからこそ、余人には御し難く、本来であれば字が完結していて漏れ出ないはずのものが滲み出し、見る者に不思議な感覚を想起させる。

力に溢れ、今にも動き出しそうな「龍」。

彼はその途切れた部分を繋ぐパートナーを求めていたのかもしれない。

そのためには、パートナーにも相応のエネルギーが必要。

だから、この「龍」を手にした人は間違いなく素晴らしい人だと、そう感じざるを得なかった。

この書を日常に置いて、この書に圧倒されず、まっすぐに目の前に対峙出来る人。

それほどの器がないと、この書を迎え入れることは出来ない。

これだけひとを魅了する書だというのに、しばらくの間、引き取り手が見つからなかったのだという。

けれど、ずっとこの「龍」を気にしていた女性の元に行くことが決まったと聞いた時、そうか、最初から決まっていたのだとそう思った。

パートナーが見つからなかったわけではない。

「龍」はもうパートナーを決めていて、彼女が決断するその日を待っていただけなのだと。

その時間が存在したことに、わたしは感謝したい。

なぜなら、その時間があったからこそ、わたしは「龍」と会うことができた。

「龍」に触れることができた。彼女に準備が必要だったからこそ、「龍」が彼女を待っていたからこそ、わたしはこの個展で「龍」との時間を楽しむことが出来た。

「龍」。

これほどまでに美しく魅惑的で、そして躍動感とエネルギーにあふれた絵を迎え入れる彼女が、これからどのように変容し、上昇していくのかが楽しみで仕方がない。

彼女はきっと、間違いなくこの書とともに高く高く昇っていくだろう。会ったこともない女性に対して、そんなことをすら感じさせてしまう書だった。

このほかにも、本当にたくさんの、書ききれないほどの素晴らしい出会いと、奇跡の瞬間で満ち溢れた時間だった。

ただただ、楽しくて面白くて満たされて幸せな時間だった。

受付をした翌日。どうしても「神の意志」が忘れられず、個展会場にもう一度赴いた。

真夜中にごみ拾いをして、2時間しか寝ずにまた早朝からごみ拾いをして。そうして全力で歌を歌って体は明らかに悲鳴をあげているのに。それでもどうしてもあの書のもとへ行かなければならないような気がした。

この個展の期間中にあの書を自分の元へ招き入れるのだとそんな不思議な感覚をずっと覚えていた。

本当は、昨日のうちに買うと伝えたかった。けれど伝え損ねてしまった。個展会場へただ買うことを伝えるためだけに戻ろうかと思った。けれど戻らなかった。

だからこそ、翌日また個展会場に足を運ぶことになった。そこでまた素晴らしい出会いと、素晴らしい出来事に恵まれ続けた。

あの日のわたしには確信はあったのに、「買う」と伝えられるだけの勇気がなかった。

翌日訪れた個展会場で、わたしはずっと心の準備をしていた。今の手持ちでは買えないほどの書。そして、この書を持つことそのものに覚悟がいるのだとそう思ったから。

あの二日間で話してくれたすべての人に、わたしはたくさんの励ましと勇気と力をもらった。あの日ともに過ごした人に支えられての決断だったとそう思う。

人生は不思議だ。

金曜日、わたしは自分がこんな決断をするとは思っていなかった。

これからのわたしの選択を思えば、理解不能な、馬鹿みたいな決断。

今のわたしの収入や貯金からしても到底理解できないそんな決断だ。

それでも、わたしは土曜日には決めていたし、日曜日には行動した。

人生ってそんなものだ。

一寸先が光が闇かすらわからない。

けれど、だからこそ、面白いのだ。

わたしは、「神の意志」とともに、

この不思議で面白い世界を、自然体で流れに任せて楽しもう。

この日に繋がる、すべてのひとに。

この日に出会ったすべてのひとに。

この作品に連なるすべてのひとに。

心から、ありがとうございます。

わたしは幸せです。とても。

書道家 龍玄
http://www.ryugen.jp



どこまでも、強く、大きく、豊かに 「飛翔」 する。
14938332_864994396969165_2625131455342816724_n



まるで生きているような、ゆらめく 「龍」。
14915584_864994406969164_637691050132406288_n



龍玄さん。ほんとーーに!素敵なひとなのです!
すごく素直で面白くて楽しくてまっすぐなひと。
わたしはすべて、人に惚れるところから始まる。
14908339_864994450302493_9027203395776487078_n



「神の意志」 と私を繋いでくれたひと。
14925643_864994476969157_6400751299440169094_n



---------------------------------



Mさん、素敵な投稿をしていただき、誠に有難うございました!







 

↑このページのトップヘ