こんにちは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


前回のブログで沖縄の大石林山に行った模様を書かせていただきましたが、その当日の夜に鹿児島へと移動しました。


そして翌朝早くからレンタカーを借り、霧島山(韓国岳)登山のため大浪池登山口へ(無料駐車場&トイレがあります)。
IMG_4882

IMG_4883

IMG_4956


最初は石畳の道が長く続きます↓
IMG_4885


どうやら大浪池まで来たようですが、かなり雲が多い状況です↓
IMG_4887


無事に池を確認出来ました。すぐ上を雲に覆われて幻想的です↓
IMG_4888


登りは大浪池西周り(左側)ルートを選択してみました。

少し雲がなくなり、韓国岳も見えてきました↓
IMG_4889


えびの方面への分岐地点までやって来ました↓
(ちなみに大浪池の周りは木に囲まれており、池を見ながら優雅にハイキングという感じではなく、特に西周りルートは登山道が狭い為、縮こまって歩く時間が長かったです)
IMG_4891


東回りルートとの合流地点までやって来ました↓
IMG_4892


下を見下ろすと、まだまだ雲が多い状態↓
IMG_4894

IMG_4895


山頂のすぐ下までやって来ました↓
IMG_4896


見上げると、上の方に小さく山頂の標識らしきものが見えます↓
IMG_4897


そして山頂に到着↓
IMG_4898


宮崎県小林市方面が少し見えます↓
IMG_4899


雲の間から時々大浪池が見えます↓
IMG_4900


山頂の北側にある大きな火口↓
IMG_4902


火口の周りの切り立った崖↓
IMG_4901


後からお一人男性が登って来られたので、その方にお願いして記念写真を一枚↓
IMG_4929


山頂で見上げた空は、なかなか見飽きることがありませんでした↓
IMG_4937

IMG_4938

IMG_4939


2011年に大噴火が起きた新燃岳(しんもえだけ)はすぐそこ↓
IMG_4940


雲の間から新燃岳が見えます↓
IMG_4944


噴煙が上がっているのが確認出来ました↓
IMG_4947


下りは大浪池西周りルート
西周りルートに入ってすぐの所にある避難小屋↓
IMG_4948


池は所々見える程度でして、
IMG_4950


基本的にはこのような登山道です↓
IMG_4949


頂上を振り返る↓
IMG_4951


岩の間から大浪池
IMG_4952


無事に西回りルートとの分岐地点(下山時なので「合流地点」)まで下って来ました↓
IMG_4954


大浪池韓国岳も見えます↓
IMG_4955


この後、元来た登山道を下って無事に下山し、翌日の開聞岳登山に向けて指宿方面へ向かいました。


途中、九州自動車道で寄った桜島サービスエリア
IMG_4957


おそらく登山よりも指宿に向かう車中の方が日に焼けたと思います。


それにしても下界は凄い暑さ、、、そして翌日は開聞岳登山にてその暑さを思い知ることとなります。。。


~ つづく ~



書道家 龍玄
ダウンロード (1)