書道家 龍玄 公式ブログ

神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。 「龍を宿す書道家」 龍玄の日常。

~ 書道家 龍玄 第七回個展『 麟鳳亀龍 - rinpohkiryu - 』~

『麟』・・・麒麟
『鳳』・・・鳳凰
『亀』・・・玄武
『龍』・・・青龍
 
太平の世に現れるとされる四種の霊獣。
 
令和の時代、人々の心が少しでも平穏であるようにとの願いを込めつつ、このたび第七回個展を開催させていただきます。
 
過去最大級となる111㎡のギャラリーでの展示を是非ご堪能いただけますと幸いです。
 
会場でお会い出来ますことを大変楽しみにしております。
 
(正式には『麟鳳亀竜』と書きますが、あえて『龍』に致しました)


■日時
2019年12月19日(木)~24日(火)
14:00~19:00
※開催期間中、龍玄は常駐しております

■場所
「元麻布ギャラリー」
東京都 港区 元麻布 3-12-3
(都営 大江戸線 麻布十番駅 7番出口 徒歩4分)
(東京メトロ 南北線 麻布十番駅 4番出口 徒歩5分)
http://www.motoazabu-gallery.com/gallery/?id=1427186475-187876

※ギャラリーに駐車場はございませんので、大変恐縮ですが、お車でお越しの際は近隣のコインパーキングをご利用くださいますようお願い申し上げます。

■入場料
1,000円(高校生以下の方は無料)


------------------------------------------------------------------


■書道家 龍玄 プロフィール

1980年1月29日生まれ。
東京都大田区出身、神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。

書の基本を学び続けながら、そこに自らの独自の感覚を加えることによって、繊細なタッチの作品、迫力ある豪快な作品、更には文字ではない前衛的な作品まで幅広く書き分ける。

そのため、個展開催時には作品たちをご覧になった方々から「一人の人が書いた作品とは思えない」というご感想がしばしば聞かれる。

また、様々な作風を書き分ける一方で、作品には共通して「龍が宿る」というご感想も数多くいただく。

人々の心の琴線に触れるような作品やパフォーマンスをお見せすることによって、それをご覧になった方の「意識の覚醒」を促すべく、活動を続けている。


【個展開催実績】
2014年10月  第一回個展『NO LIMIT』を表参道にて開催
2015年12月  第二回個展『覚醒への誘い』を渋谷にて開催
2016年10月  第三回個展『飛翔』を田園調布にて開催
2017年4~5月 第四回個展『真我』を田園調布にて開催
2017年12月  第五回個展『波動』を自由が丘にて開催
2018年11月  第六回個展『七つの海』を広尾にて開催
​2019年12月  第七回個展『麟鳳亀龍』を麻布十番にて開催予定


【主な作品の提供先】
・TBSテレビ「2018 世界バレー」
(番組タイトル、横断幕『覇氣』、選手名など)
・日本テレビ「NEWS ZERO」
(米ロックバンド「KISS」コラボ作品画像)
・防衛省広報誌「MAMOR」
・元 外務副大臣 中根一幸 様
・第64代横綱 曙太郎 様
・学校法人 河合塾 様
・ラーメン店 「麺屋 翔」様  etc



三浦海岸の浜でドローンを使用して制作した1分間のプロモーションビデオ↓








カテゴリ:書道 > 題字

こんにちは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


突然ですが、、、


ピカソの「ゲルニカ」のような


ゴッホの「ひまわり」のような


モネの「睡蓮」のような

 

そんな、広く世界中の人に後世まで語り継がれるような作品を、この一生を終えるまでの間に書きたいと思っていました。

 

忘れ掛けていたその思い。



それを先日、友人が思い出させてくれました。



その翌日(昨日)に私が題字を書かせていただいている舞台『君よ生きて』を観たこともあり、3度目の観劇にして今までとは違う「本気で生きること」のスイッチを押されました。
IMG_2164[1]



私のように、祖母がひったくりに遭い、その時の怪我が元で亡くなってしまったという経験がある人間でも、その時の記憶はどんどん薄らいでいって、「 生きること = 当たり前のこと 」だと思う毎日をまた送ってしまうのです。

 

だからこういう戦争もの(という一言では片づけられない)の舞台(映画ではなく←臨場感が全く違うので)は定期的に観た方が良いなと、改めて思いました。

 

とは言いながら、そこまで放り込むかというぐらい「笑い」もふんだんに織り込まれています。

(そのことを少しでも表現する為にパネルから顔を出してみました 笑)
IMG_2163[1]


観て絶対に絶対に絶対に後悔しない舞台。



それにしても、最後に出てきたあのセットには度肝を抜かれました、、、
(↑ 演出の都合上、秘密です)

 

東京公演(天王洲 銀河劇場)は、あと4回。

・2/24(金)18:45~

・2/25(土)13:00~

・2/25(土)18:00~

・2/26(日)13:00~

 

ピンとこられた方は是非、天王洲へ↓

http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1654179



最後に、演出をされ、しかも今回は主人公のトモキ役も演じられた元劇団四季の望月龍平さんコンパクトなご紹介文)& とんでもない文才をお持ちの私の友人 
美和さん とともに記念写真。
IMG_2161[1]


そして、私がお書きした『君よ生きて』の原本。
前回の横浜の時もそうでしたが、
照明が絶妙な場所に入ってきます。
今回は
『君』の字の真ん中に、またしても真ん丸の太陽のように、、、
IMG_2162[1]



書道家 龍玄
ダウンロード (1)  







 

こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


昨日は、題字を書かせていただいております 音楽劇『君よ生きて』 の稽古場見学に伺わせていただました。
君よ生きて


先ず、何故この『君よ生きて』という書作品を書かせていただくことになったのかという、その経緯からお話ししたいと思います。


演出を手掛けられている望月龍平さん(なんと今回の東京公演ではご自身も出演される回あり)からご依頼をいただいたわけですが、その龍平さんとご縁をいただくきっかけとなったのが、『君よ生きて』の音楽担当である ユウ サミイ さんでした。


とその前に、望月龍平さんのことをご存知ない方の為に少しだけご紹介を、、、↓

----------------------

【望月 龍平】

脚本・演出家

18歳で劇団四季に入団。

「CATS」「ライオンキング」「マンマ・ミーア」「美女と野獣」「ウエストサイド物語」「エクウス」等に出演。
 
2008年の退団までにメインキャストとして、2500ステージを踏む。

俳優のみならず演出家・脚本家・プロデューサーとして異才をふるう、今もっとも注目される舞台人。

----------------------

ちなみに、こちらの「CATS」の写真で左から2番目(白い猫)に写っていた方です↓
cats


で、話を元に戻しまして、『君よ生きて』の音楽担当であるユウ サミイさんと初めてお会いしたのは2012年5月4日、場所は茨城県の土浦。


私の心友がアパレルショップをオープンするということでオープニングパーティーが開催され、その会場で歌声&トークを聴かせていただきました。


スタンバイをしているサミイさんを見て、「このおじさんは何者なんだろう?ギター持ってるし、ミュージシャンなのかな?」と、今となってはかなり失礼なことを思っていました(笑)


そう思っていた時の私の頭の中の風景は正にこちら↓
DSC07143


サミイさんは最初のトークで、前年に起こった東日本大震災について触れました。


自分が生まれ育ったふるさとに帰ることが出来ない人たちがたくさんいると、、、


そして唱歌「ふるさと」から歌い始めました。


あれでグっとこない人はいないのではないでしょうか。
正直「ズルい」とも思いました(笑)


その後、サミイさんのオリジナルの曲も聴かせていただいた後に記念撮影↓
DSC07158

↑わたくし、メガネは掛けていないし、髪型は違うし、、、恥ずかしいですね(笑)

もう一人の男性は、第2代 全日本キックボクシング スパーフェザー級 チャンピオンであり、現在は現役を引退して葛飾区の方で 空手道場「直心塾」の塾長を務めている石川直生(通称:ナオキック)くん(彼ともこの時が初対面)。


最後にCDを買わせていただきました↓
IMG_2072[1]


今や貴重なCD?↓
IMG_2073[1]


その後、何度かサミイさんのライブに伺うことになるわけですが、その時にサミイさんが「(舞台の)天才がいるので、是非足を運んでほしい」と龍平さんのことを熱く語っていらっしゃいました。


正に語っている時の様子↓
DSC07923


その時はまだ「ふ~ん、そうなんだ」ぐらいにしか思っていなかった私。


サミイさんと一緒に写っている写真をFacebookにアップしたりしていたからなのでしょう。
ある時、急に龍平さんの方からFacebookのお友達リクエストをいただきました。


それでも特に連絡を取り合ったりということはなく、時は過ぎていきました。


そんなある日の夜、Facebookに投稿されている龍平さんの記事に「いいね!」を押していたら、突如ご本人からメッセージが届きました。


そこでお誘いいただいたのが『鏡の法則』という舞台でした↓
header43401


この舞台を観劇させていただき、初めて龍平さんご本人とお会いした時の写真↓
(約4年前ということになります)
DSC00124


その後、『ウレシパモシリ』『文七元結』『Twelve』など、数々の舞台を観劇させていただきました↓
IMG_0078


『ウレシパモシリ』の時の記念写真↓
DSC00445

t02200315_0632090613097964388

6daa610378890b808dbb9c89b98cd8fa


当時(約3年前)私が『削 -けずる-』という作品を出品した展示会にお越しいただいたこともありました↓
IMG_0516


そして龍平さんからお電話をいただく日が訪れます。


2015年の1月か2月でした。


何故お電話いただいた時期を覚えているかというと、当時の私は大変な状況に置かれていた為です。


何が大変かと言いますと、先ずは写真をご覧ください(ちなみに当時は「曽布川龍玄」という、名字まで付けた名前で活動しておりました。日本テレビ「NEWS ZERO」より。)↓
DSC09819s


はい、そうなんです。


世界的ロックバンドであるあの「KISS」


彼らとのコラボレーション企画(私が彼らをモチーフにした作品を書き、その作品に彼らが筆ペンでサインを入れる)が決まり、正に私が作品を書いているその瞬間に龍平さんからお電話をいただいたのです。


そんな状況でしたので、もし他の方からのご依頼だったらお断りしていたかもしれませんが、そこは龍平さんからのご依頼と言うことでお引き受けした次第です。


最終的には、KISSコラボ作品と同時進行ではなく、そちらを書き終わった後に『君よ生きて』を書くことになったので、より集中して作品制作に臨むことが出来ました。


私は自分が生み出す作品の中には、自分なりの美しさを入れるようにしているのですが、この『君よ生きて』だけは違いました。


『君よ生きて』シベリア抑留を舞台にしています。


尋常ではない寒さ、、、飢え、、、

朝起きると隣で寝ていた仲間が冷たくなっている、、、

明日は我が身、いつ死んでもおかしくない極限の状況、、、


そんな舞台の題字を書かせていただく時、自分の中にある美しさを入れるスタイルは不要だと思ったわけです。


美しさなんて必要ないなと。


極限の中での、なりふり構わない「生」への渇望が表現出来たらと思いました。


だから私もなりふり構わず書き続けました。


なので、書道の技術的なところはあまり意識せずに気持ちをぶつけていく方に、より意識を向けました。


そして、シベリアに抑留された方々の気持ちに1mmでも近づく為、作品制作中は食べ物や飲み物などは口にしないようにしました。


そうやって何時間も書き続けた結果の作品です。


2015年5月30日、額に収まった完成形の作品を稽古場にて納品させていただきました↓
10527449_689788867792315_1337837306868521870_n


尚、昨日の稽古場見学では、なんと出演者の方々が自分たちの役をシャッフルして、普段とは違う役を演じるという場面もありました。


男女が入れ替わったり、それに合わせてアドリブでセリフを変えたり。


とにかく爆笑でした(笑)


もちろんシリアスなシーンの稽古もありました。


稽古ですから、役者さんたちはジャージなどを着ていらっしゃいます。


セットもありませんから稽古場にある椅子の配置を駆使したりなどして、セットに見立てて稽古をします。


それでも、一緒に観に言った女性が

「ジャージとパイプ椅子でも感動出来るんだね」

と言っていたのが非常に印象的でした。



今年は2月22日から東京公演がスタートしますが、その会場入口にも書作品『君よ生きて』の原本が飾られますので、是非ご覧いただければと思います。


【 音楽劇『君よ生きて』 東京公演 】
2月22日〜26日
天王洲 銀河劇場 THE GALAXY THEATRE
(東京都品川区東品川2-3-16 シーフォートスクエア内2階) 
チケット申込:http://ryuheicompany.com/performance/kimiyoikitetokyo.html


私自身は2月23日の夜の回を観に伺います。


今から非常に楽しみです。



書道家 龍玄
ダウンロード (1)  







 

こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。 


題字を書かせていただいた 音楽劇 『 君よ生きて 』 について昨年12月16日に書かせていただきましたが、先日1月23日の朝日新聞 大阪版の朝刊33面に記事が載りましたので、その写真を掲載させていただきます。
IMG_1630[1]
IMG_1631[1]


稽古も順調に進んでいるようです。


私自身は東京公演に伺う予定でおります。



【大阪公演】2月3日
大阪市中央公会堂 大集会室 
(大阪市北区中之島1丁目1番27号)
【東京公演】2月22日〜26日
天王洲 銀河劇場 THE GALAXY THEATRE
(東京都品川区東品川2-3-16 シーフォートスクエア内2階) 
チケット申込:http://ryuheicompany.com/performance/kimiyoikitetokyo.html





書道家 龍玄







 

こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。 


元劇団四季のトップアクターである望月龍平氏が演出を手掛ける音楽劇『君よ生きて』の題字を書かせていただいております。
15349658_1267337946622334_2516630493976337545_n


シベリア抑留と舞鶴港への引き揚げを描いたこの舞台は、2014年の初演でいきなりの全公演チケット完売を記録。

私が観劇した回には、某国会議員の方もいらっしゃっていました。

文部科学省選定作品にもなっております。 

ちなみに望月龍平氏はこちらの「CATS」の写真で左から2番目(白い猫)に写っている方です。
cats

 

公演概要は以下の通りです。
 
 
【大阪公演】
2017年2月3日
大阪市中央公会堂 大集会室 
(大阪市北区中之島1丁目1番27号)
【東京公演】
2017年2月22日〜26日
天王洲 銀河劇場 THE GALAXY THEATRE
(東京都品川区東品川2-3-16 シーフォートスクエア内2階) 
チケット申込:http://ryuheicompany.com/performance/kimiyoikitetokyo.html





書道家 龍玄








↑このページのトップヘ