書道家 龍玄 公式ブログ

神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。 「龍を宿す書道家」 龍玄の日常。

■書道家 龍玄 プロフィール

1980年1月29日生まれ。
東京都大田区出身、神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。
大筆師範。

書の基本を学び続けながら、そこに自らの独自の感覚を加えることによって、繊細なタッチの作品、迫力ある豪快な作品、更には文字ではない前衛的な作品まで幅広く書き分ける。

そのため、個展開催時には作品たちをご覧になった方々から「一人の人が書いた作品とは思えない」というご感想がしばしば聞かれる。

また、様々な作風を書き分ける一方で、作品には共通して「龍が宿る」というご感想も数多くいただく。

人々の心の琴線に触れるような作品やパフォーマンスをお見せすることによって、それをご覧になった方の「意識の覚醒」を促すべく、活動を続けている。


【個展開催実績】
2014年10月  第一回個展『NO LIMIT』を表参道にて開催
2015年12月  第二回個展『覚醒への誘い』を渋谷にて開催
2016年10月  第三回個展『飛翔』を田園調布にて開催
2017年4~5月 第四回個展『真我』を田園調布にて開催
2017年12月  第五回個展『波動』を自由が丘にて開催
2018年11月  第六回個展『七つの海』を広尾にて開催
​2019年12月  第七回個展『麟鳳亀龍 -rinpohkiryu-』を元麻布にて開催


【主な作品の提供先】
・TBSテレビ「2018 世界バレー」
(番組タイトル、横断幕『覇氣』、選手名など)
・日本テレビ「NEWS ZERO」
(米ロックバンド「KISS」コラボ作品画像)
・防衛省広報誌「MAMOR」
・元 外務副大臣 中根一幸 様
・第64代横綱 曙太郎 様
・学校法人 河合塾 様
・ラーメン店 「麺屋 翔」様  etc



三浦海岸の浜でドローンを使用して制作した1分間のプロモーションビデオ↓








タグ:イイジマ農園

こんにちは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


以前もブログに書かせていただいた 三浦海岸の超穴場レストラン我が家のダイニング」さんに先日またまた伺って来ました。


細い道を入って行く為、本当に超穴場に向かう感じなのですが、途中に旗が立てられていて少し分かりやすくなっていました。
IMG_2679



こちらがお店の前の写真ですが、ここを入ると更にプール付きの庭があります。
IMG_2680



今回は「チキンのソテー」がメニューにありましたので、注文してみました。

外側がカリっとしていて内側が柔らかく、絶妙な食感でもちろん味付けも最高。

本当に美味しかったです!
IMG_2681



デザートもアート感があり、もちろん美味しかったです♪
IMG_2682



そして翌日の日曜日は小雨の降る中、三崎朝市へ。


以前ヒイラギという小魚を買ったところ、ウチの奥さんがカラっと揚げてくれまして大変美味しかったので、今回も購入しました(ちなみに一皿100円という驚きの安さ!)。
IMG_2690

IMG_2691

IMG_2692



今回は南蛮漬けも作ってくれました。こちらも美味しかったです(^^)
IMG_2693



それから数日後には、野菜を求めてイイジマ農園さんへ。
IMG_2714



無農薬というのが本当に嬉しいです。


もう三浦大根の季節は終わってしまいましたが、普通の大根はたくさんありました。
IMG_2734



今回もいろいろ収穫。
IMG_2715

IMG_2733

IMG_2716



駐車場もありますので、地元以外の方も車でお越しになればたくさん持って帰れますね(^^)



書道家 龍玄
ダウンロード (1)  







 

こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。 


いつも体のことを考えた料理をしてくれるウチの奥さん (一悟術ヒーラー 熊木幸奈)。


そんな彼女が調べた結果、近所に完全無農薬の野菜を自分で収穫出来る農園 (イイジマ農園さん) があることが分かり、本日行って参りました。 
IMG_1522
 IMG_1523
IMG_1524
IMG_1525
IMG_1544
IMG_1527


先ずは人参から↓
IMG_1529


続いて赤い大根
IMG_1533


私も小さい品種の大根を収穫↓
IMG_1537


続いて白菜
IMG_1543


最後は三浦大根
なかなか掘り起こせませんでしたが↓
IMG_1548

なんとか収穫↓
IMG_1550


完全無農薬の野菜をこれだけ収穫して全部で950円(ちなみに右側のネギ2本は、おばちゃんがサービスしてくれました)↓
IMG_1555


体にもお財布にも優しく、正に良い事尽くめであります♪



書道家 龍玄







 

↑このページのトップヘ