書道家 龍玄 公式ブログ

神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。 「龍を宿す書道家」 龍玄の日常。

■書道家 龍玄 プロフィール

1980年1月29日生まれ。
東京都大田区出身、神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。
大筆師範。

書の基本を学び続けながら、そこに自らの独自の感覚を加えることによって、繊細なタッチの作品、迫力ある豪快な作品、更には文字ではない前衛的な作品まで幅広く書き分ける。

そのため、個展開催時には作品たちをご覧になった方々から「一人の人が書いた作品とは思えない」というご感想がしばしば聞かれる。

また、様々な作風を書き分ける一方で、作品には共通して「龍が宿る」というご感想も数多くいただく。

人々の心の琴線に触れるような作品やパフォーマンスをお見せすることによって、それをご覧になった方の「意識の覚醒」を促すべく、活動を続けている。


【個展開催実績】
2014年10月  第一回個展『NO LIMIT』を表参道にて開催
2015年12月  第二回個展『覚醒への誘い』を渋谷にて開催
2016年10月  第三回個展『飛翔』を田園調布にて開催
2017年4~5月 第四回個展『真我』を田園調布にて開催
2017年12月  第五回個展『波動』を自由が丘にて開催
2018年11月  第六回個展『七つの海』を広尾にて開催
​2019年12月  第七回個展『麟鳳亀龍 -rinpohkiryu-』を元麻布にて開催


【主な作品の提供先】
・TBSテレビ「2018 世界バレー」
(番組タイトル、横断幕『覇氣』、選手名など)
・日本テレビ「NEWS ZERO」
(米ロックバンド「KISS」コラボ作品画像)
・防衛省広報誌「MAMOR」
・元 外務副大臣 中根一幸 様
・第64代横綱 曙太郎 様
・学校法人 河合塾 様
・ラーメン店 「麺屋 翔」様  etc



三浦海岸の浜でドローンを使用して制作した1分間のプロモーションビデオ↓








タグ:バス

こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


昨日は、先月お誕生日(古希)を迎えられた義父のお祝いということで、義弟一家も集合して小網代の森を散策し、その後シーボニア クラブハウスレストランにてランチを楽しみました。


こちらは、三浦海岸のマホロバ・マインズ三浦に前泊した義弟一家と共に三浦海岸駅から三崎口駅行きの京急に乗り込むところです(こんなに人が降りてくる場面に遭遇するのは三浦に住み始めて初のことでした)↓
IMG_4781


三崎口駅から油壺行きのバスに乗り、「引橋(ひきばし)」という停留所で降りるのですが、その僅かな区間がずっと渋滞していました。


なにはともあれ無事に小網代の森の入口(引橋入口)に到着し、散策開始です↓
IMG_4759

IMG_4760

IMG_4762

IMG_4763

IMG_4765

IMG_4766


宮ノ前峠入口から出るのですが、その前にカニが頻繁に見られるスポットに少し寄りました↓
IMG_4770


実は小さいカニたちがたくさんいます↓

IMG_4771


宮ノ前峠入口から出た後、歩道の横の壁(岩場)にも意外とたくさんのカニを見つけることが出来ました↓
IMG_4773


義弟の子ども二人にはかなり長い距離でしたが、なんとか全員無事にシーボニアに到着し、ランチを楽しむことが出来ました。


ランチ後に佇む義弟がキマっていたので一枚パチリ(笑)↓
IMG_4776


そして書道家ならではのプレゼントをさせていただくことも出来ました。


妻が選んで来た財布に、私が書いた義父の名前の一字『亞』をレーザー加工で入れたものです↓
IMG_4366[2]

喜んでいただけたようで良かったです(^^)


その後、義弟一家はウチに寄り、二日連続で目の前の三浦海岸海水浴場へ。


おそらくこの日が今シーズンのピークだったと思います。


オフシーズンを知っている人間からすると息が詰まりそうな人口密度(笑)↓
IMG_4780


混雑の為、ウォーターパークは午後2時半をもってまさかの受付終了となるほどでした。


個人的には義弟の二人のおチビちゃんと戯れ、子どものエネルギーを体感出来た二日間でもありました。


また会うのが楽しみです♪



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


先日、訳あって急遽日帰り登山に行って参りました。


場所は、岐阜と長野の県境 乗鞍岳(のりくらだけ)。


日本百名山の一つであり、北アルプスの最南端に位置する標高3026mの山です。


とは言っても、標高2702mの畳平(たたみだいら)までシャトルバスで行くことが出来る為、天候が穏やかで高山病の心配が無い方であれば、かなり難易度の低い山と言えます。


6年前はかなり下の方(乗鞍高原温泉ユースホステル)から登りましたが、今回は初心者を含めた団体での行動でしたので、先ずは「ほうのき平駐車場」に集合し、全員でシャトルバスに乗車して畳平へ向かいました。


この日は、早朝5:30頃に東京都稲城市をマイカーで出発し、9:30頃ほおのき平駐車場に到着致しました。


ほおのき平駐車場
IMG_3854


駐車場内のこちらの建物の中でシャトルバスのチケットを購入します↓
IMG_3853


カーナビで「ほおのき平駐車場」を検索しても出てこないかもしれません。
その場合は、こちらの「宿儺(すくな)の湯」で検索すると便利です(駐車場内にある宿です)↓
IMG_3856


バスのりばの建物入口にはこのような表示が、、、↓
IMG_3857


建物内にはこちらの表示↓
以前登った時は畳平にクマが出たというニュースが全国放送のテレビで流れていたのを覚えています。
IMG_3858


シャトルバスの往復チケットを購入しました↓
IMG_3859


シャトルバスの車窓からは色鮮やかな新緑を拝むことが出来ましたが、すぐに視界はきかなくなり、畳平は予想以上の強風。


畳平にて係の方から
残雪が多い場所があり、そこから先はアイゼンを持っていない方の登山は禁止
とのアナウンスをいただき、

①この畳平ですぐに帰るメンバー
②途中の富士見岳のみ登って畳平に引き返すメンバー
③行ける所まで行くメンバー


に分かれました。


私は③のグループに入り、登山開始。


予想外の残雪の量にかなり驚きました。
IMG_3869

IMG_3870


少し下界が顔を覗かせることもありましたが、
IMG_3872


基本的にはこのような視界でした↓
IMG_3874

IMG_3877


肩の小屋にあっという間に到着後、メンバー6人のうち3人は山頂を目指し、3人は下山がてら富士見岳に登頂して畳平に帰るということになりました。


私はアイゼンを持っていませんでしたし、6年前は富士見岳はスルーしましたので、後者のグループに入ることにしました。


ここから富士見岳に登ります(10分ほどで山頂に到着出来ます)↓
IMG_3883


目まぐるしく天候が変わります↓
IMG_3884


山頂は強風やら突風が吹き荒れ、本当に飛ばされそうでした↓
IMG_3886


畳平が見えてきました↓
IMG_3891


畳平に到着する頃には、かなり体感温度が下がっており、山頂に向かったメンバーが心配になる程でした。
IMG_3900


ちなみに山頂に向かったメンバーは、おそらく山頂まであと5~6分ぐらいであろう場所で引き返して来たそうです。


やはり3000m級の山(の天候)は凄い」と言っていました。


とはいえ、雷鳥を見ることが出来たそうですし、畳平に引き返して来た後 魔王岳 に登頂していたのには驚きました。


畳平~ほおのき平のシャトルバス。
視界はこのような感じでした↓
IMG_3903


いよいよ本格的な登山シーズンの到来。


勇気ある撤退は本当に重要です。


山の事故が一件でも少ないシーズンであることを願います。



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







↑このページのトップヘ