先日、妻とともに人生初の「お水取り」(という開運法)を兼ねた3泊4日の吉方位旅行に行って参りました。

吉方位は人それぞれの星回りによって異なりますが、我々夫婦は幸運なことに同じ星回り(三碧木星)のため、同じ方角へ旅に出たのでした。

先ず1日目は自宅からの移動(昼の12時出発)と「お水取り」の場所の下見でした。

お水取り」は日時が決まっているため、その時間内にお水を汲まないといけないのですが、実際にその場所に行ってみると水が涸れているということもあるそうで、念の為前日に下見を行なったわけです。

無事に下見を終え、1日目の夜はこれまた人生初のAirBnB(通称:エアビ)を利用。
翌朝までの様子を妻がサクっとYoutubeにアップしておりますので、よろしければご覧ください(再生時間:3分16秒)↓




翌日(2日目)はいよいよ「お水取り」。

詳しい場所は明かせませんが、龍のいる場所で無事に人生初の「お水取り」成功↓
IMG_4917_jpg


その後、銚子の「魚河岸料理 常陸(ひたち)」に移動し、ランチをいただきました↓
IMG_2796

IMG_2795

お刺身定食(1,500円)↓
IMG_2793

女将と思われる方にサービスしていただいちゃいました↓
IMG_2794


天気が目まぐるしく変わるという天気予報で、どう行動すればよいか迷いましたが、ランチ後は流れで「地球の丸く見える丘展望館」へ↓
IMG_2797

IMG_2798

IMG_2800

IMG_2931_jpg


ここは前から氣になっていた所で、行ってみた感想としては「予想以上に良かった」です。
屋上の展望スペース(屋外)に出た瞬間、「お~!」と思わず声が漏れました。
文字通り360°の大パノラマ(しかもそのうち330°は水平線)でして、これまた妻がYoutubeにアップしておりますので、よろしければご覧ください↓



3Fの展望ラウンジでお茶をしていると、黒い雲がこちらに近づいて来て一瞬だけ嵐のようになり、その後何事も無かったかのように晴れたのでした↓
IMG_2803_jpg

IMG_2805

IMG_4968_jpg


そして2日目の宿となる「犬吠埼観光ホテル」にチェックイン。
3Fの部屋からは驚きの光景が広がっていました↓
IMG_2807_jpg

ホテルの方に伺ったところ、意外にも台風による被害は無く、東日本大震災の時も津波がギリギリの高さまで来たものの難は逃れたそうです。

そして、こんな嬉しい誤算がありました(不定期開催のようです)ので、参加させていただきました↓
IMG_2933_jpg


源義経が千騎の兵とともに立て籠もったことから名付けられたとされる千騎ケ岩(せんがいわ)↓
IMG_2811_jpg

IMG_2813_jpg

この場所から銚子電鉄の終点に当たる外川(とかわ)の町も少し遠くに見ることが出来ます↓
IMG_2812_jpg


続いてなんとも悲しい伝説の残る犬岩へ↓
二つの耳を上に立てたような岩体で、こちらも義経伝説に由来します。
頼朝に追われた義経が奥州へ逃れる途中、愛犬「若丸」が平家の亡霊に取り憑かれ、泣く泣くこの地に残して行ったところ、若丸は七日七晩吠え続け岩になってしまったという伝説です。
犬吠埼(いぬぼうざき)「犬吠」とは、この伝説に由来するという説もあるそうです。
IMG_2814_jpg


そして最後は銚子マリーナへ↓
ホテルの方曰く、この日はなかなか見られないほど綺麗な夕日で「みなさんの日頃の行ないが良いのでしょう」とのことでした(笑)。
写真では見えないのですが、遠くにうっすら富士山を見ることも出来て驚きました。
IMG_2817_jpg


夜は20:00頃までホテルから浜をライトアップするため、暗闇の中に白波が見えるという不思議な光景を目にすることが出来ました(客室からも露天風呂からも見ることが出来ます)↓
IMG_2819_jpg

IMG_2820_jpg


そして、翌朝の日本一早い日の出を楽しみに就寝したのでしたzzz


中編につづく~



書道家 龍玄
ダウンロード (1)