書道家 龍玄 公式ブログ

神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。 「龍を宿す書道家」 龍玄の日常。

■書道家 龍玄 プロフィール

1980年1月29日生まれ。
東京都大田区出身、神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。
大筆師範。

書の基本を学び続けながら、そこに自らの独自の感覚を加えることによって、繊細なタッチの作品、迫力ある豪快な作品、更には文字ではない前衛的な作品まで幅広く書き分ける。

そのため、個展開催時には作品たちをご覧になった方々から「一人の人が書いた作品とは思えない」というご感想がしばしば聞かれる。

また、様々な作風を書き分ける一方で、作品には共通して「龍が宿る」というご感想も数多くいただく。

人々の心の琴線に触れるような作品やパフォーマンスをお見せすることによって、それをご覧になった方の「意識の覚醒」を促すべく、活動を続けている。


【個展開催実績】
2014年10月  第一回個展『NO LIMIT』を表参道にて開催
2015年12月  第二回個展『覚醒への誘い』を渋谷にて開催
2016年10月  第三回個展『飛翔』を田園調布にて開催
2017年4~5月 第四回個展『真我』を田園調布にて開催
2017年12月  第五回個展『波動』を自由が丘にて開催
2018年11月  第六回個展『七つの海』を広尾にて開催
​2019年12月  第七回個展『麟鳳亀龍 -rinpohkiryu-』を元麻布にて開催


【主な作品の提供先】
・TBSテレビ「2018 世界バレー」
(番組タイトル、横断幕『覇氣』、選手名など)
・日本テレビ「NEWS ZERO」
(米ロックバンド「KISS」コラボ作品画像)
・防衛省広報誌「MAMOR」
・元 外務副大臣 中根一幸 様
・第64代横綱 曙太郎 様
・学校法人 河合塾 様
・ラーメン店 「麺屋 翔」様  etc



三浦海岸の浜でドローンを使用して制作した1分間のプロモーションビデオ↓








タグ:四国

こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


前回(四国の旅一日目_剣山)の続きです。


愛媛県四国中央市の宿(新長谷寺さん)で迎えた朝。


部屋には強烈な朝日が差し込んできました。
IMG_3437


この日は四国の旅のメインイベントとも言うべき石鎚山登山。


ロープウェイ乗り場近くの駐車場に向けてレンタカーで出発しましたが、意外と早く着いてしまいそうだった為、麓の石鎚神社に参拝致しました。
IMG_3439


とても素敵な雰囲気の神社でございました。
IMG_3440

IMG_3441

IMG_3442


境内はなかなか広い神社です。
IMG_3443


本殿まで登って来ると絶景を拝むことが出来ます。
IMG_3444

IMG_3446


写真には写っていませんが、スズメがたくさんいて賑やかでした。
IMG_3445

IMG_3448

IMG_3449

IMG_3451


石鎚神社を後にし、ロープウェイ近くの駐車場へ向かいました。
おじさんの誘導に従い駐車。料金は1日700円。
IMG_3549


駐車場から30mほど歩き、下の写真の右側に写っている階段を登ってロープウェイ乗り場に向かいます。
IMG_3548


無事に朝一番(8:40発)の便に乗ることが出来ました。
IMG_3455


最大斜度は35度だそうで、なかなかの迫力でした。
IMG_3461


5分ほどで「山頂成就駅」に到着です。
IMG_3535


駅構内にあった案内板。
成就社」を経て、登山口となる「神門」から登山開始(と言っても最初は下る一方)です。
IMG_3463

IMG_3464


山頂成就駅」から歩き始め「成就社」へ向けて歩き始めます。
IMG_3466


右に行くとリフトがあるようですが、リフトには乗らず直進です。
IMG_3467


成就社」まで約20分。
IMG_3469


そろそろ到着のようです。
IMG_3470


旅館が立ち並ぶ場所に到着しました(この鳥居の右側にトイレあり)。
IMG_3471


旅館の間を抜けるとすぐに「成就社」が現れます。
IMG_3474


境内には「八大龍王社」もありました。
IMG_3475


同じく境内の中にある「神門」から登山開始(先程も書きましたが最初は下る一方)です。
IMG_3476

IMG_3479


こちらの「八丁」までは下りです。
IMG_3481


八丁」にある路程図を見ても、ここまで下る一方なのが分かります。
IMG_3527


そしてやっと登り始めます。
IMG_3482


鎖道との分岐。
IMG_3483


こんな感じです。行けるかどうか分からなかったので回避しました。
IMG_3484


山頂までの中間地点に当たる前社ヵ森小屋(営業はしていませんでした)。
IMG_3485


更に登って行きます。梅雨にも関わらず素晴らしい天気でした。
IMG_3486

IMG_3488

IMG_3489

IMG_3490

IMG_3491

IMG_3492


鳥居のある地点まで来ました。チップ制のトイレがあります。
IMG_3497


まだ新しいトイレでした。
チップを入れて行かない方が目につきましたが、ちゃんと100円入れて行きましょう。
IMG_3500


更に歩を進めて行きます。
IMG_3502


鎖道は回避。
IMG_3503


最後の鎖場である三之鎖との分岐。
どんな鎖場か確認しましたが、やはり安全に登れるかどうかが分からなったので回避しました。
IMG_3505


更に登り、
IMG_3507


どうやら頂上のようです。
IMG_3508


頂上山荘。
IMG_3509

IMG_3510


登頂記念に一枚♪
IMG_3516

IMG_3511

IMG_3522


この真新しい鳥居の右横に、
IMG_3512


先程の三之鎖の終着点がありました(上から覗き込む感じで撮影)。
IMG_3513


よく写真で見たことのある天狗岳が隣に見えます。
一瞬行こうかと思いましたが、「山と高原地図」上ではルートが点線になっている(熟達者向け)ので、やめておきました。
IMG_3519

IMG_3520

IMG_3521

IMG_3523


下山中に目にした二の鎖との分岐。行けるかな?と思い、鎖の方へ。
IMG_3525


細い鎖場を下り、まさかこれで終わり?と思いましたが、その後にやはり太い鎖場が現れまして、やはり無理はしない方が良さそうでしたので、再びこの細い鎖場を登り、回避ルートで下山しました。
IMG_3524


回避ルートはこんな感じです。
IMG_3526


無事に「神門」まで到着。
IMG_3532


山頂成就駅」に到着。
IMG_3534


なんと、
IMG_3536


乗客は私一人でした。
IMG_3538


ロープウェイからの景色も素晴らしかったです。
IMG_3542


山麓の「下谷駅」に到着。
IMG_3546


こちらこそありがとうございました。
IMG_3547


車で山を下っていく途中、車を止めて黒瀬湖を撮影。
IMG_3550

IMG_3552


翌日は、これまた楽しみにしていた大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)を訪れます。
IMG_3554



~ 次回に続く ~



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







こんにちは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


先日行って参りました四国の旅3日間(剣山・石鎚山・大歩危 小歩危・かずら橋・祖谷・金刀比羅宮)について記しておこうと思います。


今回は1日目の剣山(日本百名山・徳島県)登山についてです。


前日に沖縄(那覇空港)から高松空港に降り立ち、レンタカーにて宿泊地である徳島県三好市の密厳寺(みつごんじ)さんに向かいました。


入口にはご住職のご友人が書かれた『心』という素敵な作品が飾られていました。

IMG_3349


登山口のある見ノ越駐車場まで車で向かいます。


途中、道幅のかなり狭い場所がある上、切り倒した木を運搬する大型トラックと行き交う場面もあり、かなり神経を使う運転となりました。


パッと目に入って来たこちらの駐車場に止めたのですが、
IMG_3422


こちらの第一駐車場に駐車することをオススメします(駐車場内にトイレがある為)↓
IMG_3420


こちらは第一駐車場の中にある案内板です↓
駐車場からリフトを使わずに「西島駅」まで登り、「尾根道コース」で登って「剣道コース」で下るルートを選択致しました。
IMG_3421


それでは登山開始です。
IMG_3350


途中、リフトと交差する地点をくぐります。
IMG_3352

IMG_3357


リフトの終点「西島駅」のある場所まで登って来ました。
この鳥居を見るとそのままここから登って行きたくなります(実際に登って行かれる方はいらっしゃいました=剣道コース)。
しかし私はここで「尾根道コース」を選択しました。
「尾根道コース」はこの写真の後ろにある「西島駅」の横から登って行くルートになります。
IMG_3359


こちらがその登り口です↓
IMG_3360

IMG_3362

IMG_3364


「現在地」の所まで登って来ました↓
IMG_3365

IMG_3366


もう一息です↓
IMG_3367

IMG_3368


一見頂上らしき地点に到着しました↓
IMG_3369


「剣山頂上ヒュッテ」という名前ですが、本当の頂上ではありません↓
IMG_3370

IMG_3373


ヒュッテの横にお宮がありまして、
IMG_3371


お宮の横に、頂上へ繋がる階段があります↓
IMG_3372


階段を登り切ると広い頂上が広がっています↓
IMG_3375

IMG_3376


本当の頂上地点に向かいます↓
IMG_3382


頂上地点に到着致しました↓
IMG_3383

IMG_3384


梅雨にも関わらず素晴らしいお天気でした。
IMG_3389

IMG_3388


その後、先程のヒュッテで昼食をとることに致しました。
朝晩はかなり冷えるようですね↓
私が登頂した時も風が強く薄着ではかなり寒い状態でした。
IMG_3397


うどんにシイタケとお揚げをトッピング。
パンフレットの文字が素敵でした。
IMG_3398


「剣道コース」で下山。
岩好きの為、岩があるとついつい撮ってしまいます(笑)
IMG_3409


途中、大剱神社に参拝↓
IMG_3412


「西島駅」方面へ下って行きます↓
IMG_3413


途中で「西島駅」が小さく見えました↓
IMG_3415


「西島駅」のある地点まで戻って来ました↓
この後は元来た道を下るだけです。
IMG_3417


無事に駐車場に到着し、引き続き車で山道を下ります。
途中にある夫婦池ではカエルの鳴き声が凄かったのですが、鳴き声のする方へ行くと鳴き声が止み、結局カエルの姿を捉えることは出来ませんでした。
IMG_3424

IMG_3425


その後、翌日の石鎚山登山に備え、愛媛県四国中央市の宿(新長谷寺さん)に向かいました。


お寺からの夕景がきれいでした(瀬戸内海を臨む)↓
IMG_3435



~ 次回に続く ~



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







↑このページのトップヘ