書道家 龍玄 公式ブログ

神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。 「龍を宿す書道家」 龍玄の日常。

~ 書道家 龍玄 第七回個展『 麟鳳亀龍 - rinpohkiryu - 』~

『麟』・・・麒麟
『鳳』・・・鳳凰
『亀』・・・玄武
『龍』・・・青龍
 
太平の世に現れるとされる四種の霊獣。
 
令和の時代、人々の心が少しでも平穏であるようにとの願いを込めつつ、このたび第七回個展を開催させていただきます。
 
過去最大級となる111㎡のギャラリーでの展示を是非ご堪能いただけますと幸いです。
 
会場でお会い出来ますことを大変楽しみにしております。
 
(正式には『麟鳳亀竜』と書きますが、あえて『龍』に致しました)


■日時
2019年12月19日(木)~24日(火)
14:00~19:00
※開催期間中、龍玄は常駐しております

■場所
「元麻布ギャラリー」
東京都 港区 元麻布 3-12-3
(都営 大江戸線 麻布十番駅 7番出口 徒歩4分)
(東京メトロ 南北線 麻布十番駅 4番出口 徒歩5分)
http://www.motoazabu-gallery.com/gallery/?id=1427186475-187876

※ギャラリーに駐車場はございませんので、大変恐縮ですが、お車でお越しの際は近隣のコインパーキングをご利用くださいますようお願い申し上げます。

■入場料
1,000円(高校生以下の方は無料)


------------------------------------------------------------------


■書道家 龍玄 プロフィール

1980年1月29日生まれ。
東京都大田区出身、神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。

書の基本を学び続けながら、そこに自らの独自の感覚を加えることによって、繊細なタッチの作品、迫力ある豪快な作品、更には文字ではない前衛的な作品まで幅広く書き分ける。

そのため、個展開催時には作品たちをご覧になった方々から「一人の人が書いた作品とは思えない」というご感想がしばしば聞かれる。

また、様々な作風を書き分ける一方で、作品には共通して「龍が宿る」というご感想も数多くいただく。

人々の心の琴線に触れるような作品やパフォーマンスをお見せすることによって、それをご覧になった方の「意識の覚醒」を促すべく、活動を続けている。


【個展開催実績】
2014年10月  第一回個展『NO LIMIT』を表参道にて開催
2015年12月  第二回個展『覚醒への誘い』を渋谷にて開催
2016年10月  第三回個展『飛翔』を田園調布にて開催
2017年4~5月 第四回個展『真我』を田園調布にて開催
2017年12月  第五回個展『波動』を自由が丘にて開催
2018年11月  第六回個展『七つの海』を広尾にて開催
​2019年12月  第七回個展『麟鳳亀龍』を麻布十番にて開催予定


【主な作品の提供先】
・TBSテレビ「2018 世界バレー」
(番組タイトル、横断幕『覇氣』、選手名など)
・日本テレビ「NEWS ZERO」
(米ロックバンド「KISS」コラボ作品画像)
・防衛省広報誌「MAMOR」
・元 外務副大臣 中根一幸 様
・第64代横綱 曙太郎 様
・学校法人 河合塾 様
・ラーメン店 「麺屋 翔」様  etc



三浦海岸の浜でドローンを使用して制作した1分間のプロモーションビデオ↓








タグ:富士山

8月下旬に初のご来光登山を計画していたため、体力チェックのために日中の日帰り富士登山を行ないました(天候の影響もあり、結局ご来光登山は来年に持ち越しとなりました)。


最もスタンダードなルートである吉田口五合目からの往復ルートです。


富士登山は3回目ですが、実は9月と10月にしか登ったことがなく、マイカー規制期間に登るのは初めてでした。


五合目までマイカーで行けないことに若干の戸惑いを持ちつつ、吉田口五合目との往復シャトルバスが発着する「富士山パーキング」を目指して、まだ暗いうちに都内の実家を車で出発致しました。


ちなみにシャトルバスの時刻表はこちらです↓
2019年度 富士スバルラインマイカー規制中の富士山五合目行シャトルバス時刻表


富士山パーキング~吉田口五合目の所要時間は約45分で、富士山パーキングにはトイレがあります。


所々で写真を撮りましたので、お時間のある方はざっとご覧いただければと思います。



確か朝6:15頃に吉田口五合目に到着したと思います↓
IMG_0709



ここに来る時はいつも素晴らしい眺めです↓
IMG_0711

IMG_0712



1時間弱、高度に慣れるために五合目で過ごした後、いよいよ出発↓
IMG_0713

IMG_0714

IMG_0715

IMG_0716

IMG_0717

IMG_0718

IMG_0719

IMG_0720

IMG_0721

IMG_0722

IMG_0723

IMG_0724

IMG_0725

IMG_0726

IMG_0727

IMG_0728

IMG_0729

IMG_0730

IMG_0731

IMG_0732

IMG_0733

IMG_0734

IMG_0735



お鉢の逆側に3776mの頂上である剣が峰が見えますが、今回はそこまで行かずに下山しました↓
IMG_0736

IMG_0737

IMG_0738

IMG_0739

IMG_0742

IMG_0743

IMG_0744

IMG_0745

IMG_0746



おかげさまで何事もなく下山出来ましたが、その17日後の8月26日、29歳のロシア人女性が落石に当たりお亡くなりになりました。



謹んでご冥福をお祈りいたします。



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


先日(2018年4月19日)、日本百名山の一つである山梨県の瑞牆山(みずがきやま)に計3人で登って参りました。


瑞牆山荘の近くにある駐車場に車を止め、再び瑞牆山荘の方へ向かう途中に登山口があります。
(山荘の横には100円で使用出来るトイレがあります)


スタート地点↓
IMG_7363


林道を横切り、更に進みます↓
IMG_7365


里宮さんに寄らせていただきました。巨岩に囲まれています↓
IMG_7366

IMG_7369


更に登ると瑞牆山の頂上が見える地点に着きます。本当に素晴らしい天候でした↓
IMG_7370


水場ではおいしい水を汲むことが出来ます↓
IMG_7378


「富士見平小屋」がある地点に到着(ここにも100円で使用出来るトイレがあります。この後はトイレはありません。)↓
IMG_7379


超巨岩が登場↓
IMG_7481


登山道の様子↓
IMG_7394

IMG_7395

IMG_7397

IMG_7402

IMG_7404


遠方真ん中に富士山が見えています↓
IMG_7405


一瞬頂上かと思いましたが、まだこの先があり、頂上からこの岩を見下ろすことが出来ます↓
IMG_7407


本当に素晴らしい天候です↓
IMG_7409


残雪が多く目につくようになってきました。しかも凍っています↓
IMG_7411


この後はシャレになりませんでした。アイゼンなしではそこそこ危険な場所もありました↓
IMG_7478


アイスバーンの苦難も乗り越え、なんとか頂上に到着です↓
IMG_7479


この構図が一番お気に入り。後ろの雪を被った山は八ヶ岳です↓
IMG_7477


三人で↓
IMG_7480

IMG_7484


富士山も見えました↓
IMG_7421


南アルプスの山々と、眼下には先程頂上と間違えた大きな岩↓
IMG_7422


右の遠方に見える雪を被った山は浅間山です↓
IMG_7423


お隣りの金峰山
IMG_7425


頂上をたっぷり堪能して下山しました。


一ヶ所だけ渡渉する場所があります。水が澄んでいて綺麗でした↓
IMG_7429


「富士見平小屋」の前で休憩↓
IMG_7431


休憩中に見上げた空。本当に雲一つない晴天でした↓
IMG_7432


再びの水場。お二人は水を汲んで帰るようです↓
IMG_7433


無事に下山完了。コーヒーを飲みに瑞牆山荘へ↓
IMG_7435


普段はコーヒーを飲まないのですが、特別な気分でしたので一杯いただきました↓
IMG_7436


その後、温泉に入るため「増富の湯」へ↓
IMG_7482[1]


一時間近く温泉を堪能した後、夕食を摂るために清里へ向かいました。


夕食の前に「八ヶ岳高原大橋」へ。


八ヶ岳と夕日↓
IMG_7443

IMG_7444


大きな橋です↓
IMG_7445


遠方に富士山
IMG_7446


南アルプスの山々↓
IMG_7458


駐車場に戻って再び八ヶ岳の全貌を撮影↓
IMG_7447


夕食はこちらの「ROCK」というお店でビーフカレーをいただきました↓
(Regularの上のBigというサイズを頼んだところ、かなりの量でしたが、登山でスタミナを消耗していたからか意外とあっさり完食)
IMG_7460



本当に最高に贅沢な一日を過ごさせていただき、感謝感謝でございました。


さあ次はどこの山に登るのでしょうか♪



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


大学生の時に自動車の合宿免許で行って以来18年振りとなる沖縄へ、土日でとある学びをする為に行って参りました。


土曜日の朝3:30に起床

朝食

瞑想

4:40頃に車で三浦海岸から羽田空港へ向けて出発

5:50羽田空港着

6:35離陸


羽田空港の朝焼け↓
IMG_1581

綺麗な富士山を拝むことが出来、思わず手を合わせました↓
IMG_1586

地球を感じます↓
IMG_1587

富士山を過ぎるとすぐに南アルプスの山々が登場 (いずれ登る予定) ↓
IMG_1588

沖縄本島、本島と道路で繋がっている瀬底島、奥の小さい島が水納島↓
(雲の切れ間がハッキリ見えています)
IMG_1592

いよいよ着陸態勢 (那覇上空は曇り) ↓
IMG_1598

事前に地図を見た時に目に飛び込んできて気になっていた波上宮 (なみのうえぐう)に向かいます↓
(奥の崖の上。もちろん崖を登るわけではなく、左側から普通には入れます。)
IMG_1600
IMG_1602

この後、18年前に合宿免許でお世話になった北丘自動車学校 (うるま市) 方面に向けて出発しました。


合宿中は、民宿かいほうの食堂でご飯を食べていた為、そこでお昼ご飯を食べようと思ったわけです。


というわけで、ゴーヤチャンプルを注文↓
IMG_1604

その後、2日間の学びの場となる場所へ。


13:00から19:50まで濃いプログラムを受講した後、懇親会が行なわれまして、ドリンクメニューの中にあった「龍」の文字が目に飛び込んで来たので、迷わず注文↓
IMG_1607

2日目の日曜日は、9:00から16:10までプログラムを受講後、すぐに帰路につきました。


天孫降臨といった感じの太陽↓
IMG_1622

18年前の高速教習では、80kmを出すのが怖く、76km以上をなかなか出すことが出来なかった沖縄自動車道↓
IMG_1625

沖縄の方はのんびりしている方が多いからなのか、ETCを付けていない車の方が圧倒的に多かったです↓
IMG_1627

ちなみにレンタカーと言えば「わ」ナンバーですが、沖縄は「れ」ナンバーもレンタカーでした。


今年は、このプログラムを受講する為に計6回沖縄に行きます。


来月も開催されますので、それまでに今回受け取った内容を自分の中で深めておきたいと思います。



書道家 龍玄







 

ご挨拶が遅くなりましたが、

新年あけましておめでとうございます。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。 

本年も宜しくお願い申し上げます。



今年は酉年ですね。

書き終わった後に人から言われて気づいたのですが、てっぺんの部分にが出現しました
⑦『鳥 -bird-』


今年も妻(熊木幸奈)の師匠が主催する 「年越し瞑想会」 での年越しからスタート致しました。

友人から初日の出を見に来るという連絡があった為、元日の朝4時に瞑想会が終了した後、寝ずに友人の到着を待ちました。

そして迎えた初日の出
IMG_1374

IMG_1382

IMG_1388

IMG_1397


かなりの人出でした↓
IMG_1373

IMG_1389


その後明るくなってから、あるスポットからの富士山を撮影したかったので、その場所まで歩きました。

これも場所としては三浦海岸になります(丘の上です)↓
IMG_1399

畑の向こうに富士山
IMG_1401


さて、今年はどんな年になっていくのでしょうか。

楽しみです。



書道家 龍玄







 

こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。 


エネルギーの流れが大きく変わるとも言われている2016年秋がスタート。

節目の本日9月1日、幼い頃から参拝している実家近くの多摩川浅間神社にお参りさせていただきました。 

見晴らし台からの眺めです↓
IMG_0709[1]

眼下には多摩川が流れ、その上を東急東横線・東急目黒線が走っています。

遥か遠くに丹沢の山々、そして空気が澄んでいると富士山もその向こうに頭を覗かせます。

来月はこの地元 田園調布で第三回個展を開催予定です。

新たなエネルギーの流れに身を委ねたいと思います。



書道家 龍玄








↑このページのトップヘ