書道家 龍玄 公式ブログ

神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。 「龍を宿す書道家」 龍玄の日常。

■書道家 龍玄 プロフィール

1980年1月29日生まれ。
東京都大田区出身、神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。
大筆師範。

書の基本を学び続けながら、そこに自らの独自の感覚を加えることによって、繊細なタッチの作品、迫力ある豪快な作品、更には文字ではない前衛的な作品まで幅広く書き分ける。

そのため、個展開催時には作品たちをご覧になった方々から「一人の人が書いた作品とは思えない」というご感想がしばしば聞かれる。

また、様々な作風を書き分ける一方で、作品には共通して「龍が宿る」というご感想も数多くいただく。

人々の心の琴線に触れるような作品やパフォーマンスをお見せすることによって、それをご覧になった方の「意識の覚醒」を促すべく、活動を続けている。


【個展開催実績】
2014年10月  第一回個展『NO LIMIT』を表参道にて開催
2015年12月  第二回個展『覚醒への誘い』を渋谷にて開催
2016年10月  第三回個展『飛翔』を田園調布にて開催
2017年4~5月 第四回個展『真我』を田園調布にて開催
2017年12月  第五回個展『波動』を自由が丘にて開催
2018年11月  第六回個展『七つの海』を広尾にて開催
​2019年12月  第七回個展『麟鳳亀龍 -rinpohkiryu-』を元麻布にて開催


【主な作品の提供先】
・TBSテレビ「2018 世界バレー」
(番組タイトル、横断幕『覇氣』、選手名など)
・日本テレビ「NEWS ZERO」
(米ロックバンド「KISS」コラボ作品画像)
・防衛省広報誌「MAMOR」
・元 外務副大臣 中根一幸 様
・第64代横綱 曙太郎 様
・学校法人 河合塾 様
・ラーメン店 「麺屋 翔」様  etc



三浦海岸の浜でドローンを使用して制作した1分間のプロモーションビデオ↓








タグ:房総半島

こんにちは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


おととい(5/10)は晴れているだけでなく空気も澄んでおり、久し振りに房総半島がクリアに見えましたので、最近撮りたいと思っていた写真を妻に撮影してもらいました(Facebookのカバー写真用です)↓
IMG_7700[1]


先月、『麺屋 翔』さんは、本店(新宿)が11周年、品川店が2周年、を迎えられました。

益々のご発展を祈念しております。



そして昨日(5/11)は近所でもなかなか行く機会のなかった三浦半島南東端(松輪・剱崎)を訳あって地元育ちの方にご案内いただき、新鮮な海の幸などをいただいてしまいました。


剱崎灯台へ続く道より撮影↓
IMG_7704


剱崎灯台
IMG_7705


灯台には登れませんので、灯台の下から(でも良い景色です)撮影↓
IMG_7706

IMG_7707

IMG_7708


薄っすら大島も見えました↓
IMG_7709


夕食はいただいたイナダの刺身をおいしくいただきました↓
IMG_7738


ご縁に、そしてご縁をいただいたタイミングに感謝の一日となりました。



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







こんにちは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


本日は久し振りに房総半島がくっきり見える晴天の三浦海岸でございました。
IMG_3967[1]


この時期、近所の「ホーストレッキングファーム三浦海岸」のメニューの一つとして「海馬コース」というものがありまして、馬が人を乗せて海に入っている様子を見られます。
IMG_3966[1]

IMG_3968[1]


普通に横断歩道を渡っている様子もなかなか衝撃です。


タイミング良くご覧になれた方は運が良いかもしれません。



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


今日のタイトルにある「2つの理由」とは何か。


それはここ3日間ほど書かせて(掲載させて)いただいていた三浦海岸の波や河津桜の写真に答えがあります。


先ず1つ目の理由は、澄んだ空気です。


空気が澄んでいることにより、房総半島がくっきりはっきり見えます。


写真では遠くに見えるのですが、実際に肉眼で見るとかなり近くに見えるんです。
IMG_1916[1]


三浦海岸にしては波が高かった日の写真です。
IMG_1791[1]

IMG_1764[1]



そして、2つ目の理由は、河津桜です。


なので厳密に言うと「冬」というよりも「三浦海岸桜まつりの期間ということになります。


毎年2月10日頃からの1ヶ月間でして、今年は2月11日(土)~3月12日(日)に開催されます。


最近撮った写真でまだ載せていなかったものを載せておきます。
IMG_2034[1]

IMG_2042[1]


遠くの方に薄っすらが見えています。
IMG_2033[1]


この「三浦海岸駅」という看板は、桜まつりの期間に入ると同時に「桜仕様」の看板に変わりますので、そちらも注目してみてください。
IMG_1958[1]



書道家 龍玄
ダウンロード (1) 

↑このページのトップヘ