書道家 龍玄 公式ブログ

神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。 「龍を宿す書道家」 龍玄の日常。

■書道家 龍玄 プロフィール

1980年1月29日生まれ。
東京都大田区出身、神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。
大筆師範。

書の基本を学び続けながら、そこに自らの独自の感覚を加えることによって、繊細なタッチの作品、迫力ある豪快な作品、更には文字ではない前衛的な作品まで幅広く書き分ける。

そのため、個展開催時には作品たちをご覧になった方々から「一人の人が書いた作品とは思えない」というご感想がしばしば聞かれる。

また、様々な作風を書き分ける一方で、作品には共通して「龍が宿る」というご感想も数多くいただく。

人々の心の琴線に触れるような作品やパフォーマンスをお見せすることによって、それをご覧になった方の「意識の覚醒」を促すべく、活動を続けている。


【個展開催実績】
2014年10月  第一回個展『NO LIMIT』を表参道にて開催
2015年12月  第二回個展『覚醒への誘い』を渋谷にて開催
2016年10月  第三回個展『飛翔』を田園調布にて開催
2017年4~5月 第四回個展『真我』を田園調布にて開催
2017年12月  第五回個展『波動』を自由が丘にて開催
2018年11月  第六回個展『七つの海』を広尾にて開催
​2019年12月  第七回個展『麟鳳亀龍 -rinpohkiryu-』を元麻布にて開催


【主な作品の提供先】
・TBSテレビ「2018 世界バレー」
(番組タイトル、横断幕『覇氣』、選手名など)
・日本テレビ「NEWS ZERO」
(米ロックバンド「KISS」コラボ作品画像)
・防衛省広報誌「MAMOR」
・元 外務副大臣 中根一幸 様
・第64代横綱 曙太郎 様
・学校法人 河合塾 様
・ラーメン店 「麺屋 翔」様  etc



三浦海岸の浜でドローンを使用して制作した1分間のプロモーションビデオ↓








タグ:新燃岳

こんにちは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


前回のブログで沖縄の大石林山に行った模様を書かせていただきましたが、その当日の夜に鹿児島へと移動しました。


そして翌朝早くからレンタカーを借り、霧島山(韓国岳)登山のため大浪池登山口へ(無料駐車場&トイレがあります)。
IMG_4882

IMG_4883

IMG_4956


最初は石畳の道が長く続きます↓
IMG_4885


どうやら大浪池まで来たようですが、かなり雲が多い状況です↓
IMG_4887


無事に池を確認出来ました。すぐ上を雲に覆われて幻想的です↓
IMG_4888


登りは大浪池西周り(左側)ルートを選択してみました。

少し雲がなくなり、韓国岳も見えてきました↓
IMG_4889


えびの方面への分岐地点までやって来ました↓
(ちなみに大浪池の周りは木に囲まれており、池を見ながら優雅にハイキングという感じではなく、特に西周りルートは登山道が狭い為、縮こまって歩く時間が長かったです)
IMG_4891


東回りルートとの合流地点までやって来ました↓
IMG_4892


下を見下ろすと、まだまだ雲が多い状態↓
IMG_4894

IMG_4895


山頂のすぐ下までやって来ました↓
IMG_4896


見上げると、上の方に小さく山頂の標識らしきものが見えます↓
IMG_4897


そして山頂に到着↓
IMG_4898


宮崎県小林市方面が少し見えます↓
IMG_4899


雲の間から時々大浪池が見えます↓
IMG_4900


山頂の北側にある大きな火口↓
IMG_4902


火口の周りの切り立った崖↓
IMG_4901


後からお一人男性が登って来られたので、その方にお願いして記念写真を一枚↓
IMG_4929


山頂で見上げた空は、なかなか見飽きることがありませんでした↓
IMG_4937

IMG_4938

IMG_4939


2011年に大噴火が起きた新燃岳(しんもえだけ)はすぐそこ↓
IMG_4940


雲の間から新燃岳が見えます↓
IMG_4944


噴煙が上がっているのが確認出来ました↓
IMG_4947


下りは大浪池西周りルート
西周りルートに入ってすぐの所にある避難小屋↓
IMG_4948


池は所々見える程度でして、
IMG_4950


基本的にはこのような登山道です↓
IMG_4949


頂上を振り返る↓
IMG_4951


岩の間から大浪池
IMG_4952


無事に西回りルートとの分岐地点(下山時なので「合流地点」)まで下って来ました↓
IMG_4954


大浪池韓国岳も見えます↓
IMG_4955


この後、元来た登山道を下って無事に下山し、翌日の開聞岳登山に向けて指宿方面へ向かいました。


途中、九州自動車道で寄った桜島サービスエリア
IMG_4957


おそらく登山よりも指宿に向かう車中の方が日に焼けたと思います。


それにしても下界は凄い暑さ、、、そして翌日は開聞岳登山にてその暑さを思い知ることとなります。。。


~ つづく ~



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


3/25のブログでは、高千穂峰登頂ファーストチャレンジ断念の記事を、

3/26のブログでは、高千穂峰登頂セカンドチャレンジ断念の記事を、

そして昨日3/27のブログでは、高千穂峰登頂成功の記事を、

書かせていただきました。


本日は、高千穂河原に下山した後のことを書かせていただきたいと思います。


時間や体力に余裕があった為、2011年1月に噴火した新燃岳(しんもえだけ)方面の登山規制が掛かっている地点まで行ってみることにしました。


ちなみに高千穂河原の駐車場には、噴火した際のシェルターが設けられています。
IMG_2555



それでは、新燃岳方面に向かいます(手前に聳える中岳の手前までしか行くことは出来ません)。
IMG_2556

IMG_2557

IMG_2558

IMG_2559

IMG_2560



規制が掛かっている地点との往復には3つのコースが設置されており、私は「つつじコース」で登り、「登山コース」で降りるという選択をしました。
IMG_2561



中岳に向かって歩きます。
IMG_2563



雲がきれいでした。
IMG_2567



日差しがきつい中、入山規制地点まで辿り着きました(高千穂峰が見えています)。
IMG_2569



中岳と入山規制地点を俯瞰して見るとこんな感じ。
IMG_2570



新燃岳噴火時に石が飛んで来てできたクレーターがありました。
IMG_2571



高千穂峰を見ながら、高千穂河原に戻ります。
IMG_2572



高千穂河原の駐車場は、基本的にはゲートで最初に500円を支払いますが、早朝など係りの方がいらっしゃらない時に駐車場に入った場合は、後でこちらの表示が車の所に付けられていますので、駐車場を出る際に500円を支払うことになります。
IMG_2573



その後、温泉に入るため霧島ホテルに向かいました。
IMG_2576

IMG_2577



坂本龍馬与謝野鉄幹・晶子夫妻も訪れたことのあるホテルです。
IMG_2583



温泉に入るまでの廊下から見える庭園。
IMG_2578

IMG_2579



天の逆鉾」が写ったポスターがありました。
IMG_2581



こちらにも庭園があります。
IMG_2582



大浴場の中には様々なタイプの風呂があり、特に子どもはテンションが上がりそうな温泉でした。


その後、鹿児島県内最古にして登録有形文化財になっている嘉例川駅(かれいがわえき)へ向かいました。
IMG_2587



桃井かおりさん・竹下景子さんが撮影で訪れたこともあるそうです。
IMG_2588

IMG_2591

IMG_2593

IMG_2597

IMG_2602



そしてレンタカーを返しに、かごしま空港ホテルに向かったのですが、ホテルの手前で気になる場所に遭遇しました。


西郷隆盛関連の資料が展示してある西郷公園(駐車場あり)です。
IMG_2605



NHKの大河ドラマで西田敏行さんが演じられていた西郷隆盛がずっと心の中にあったのですが、この西郷公園の展示を見始めてすぐ、驚きの出逢いがありました。


正にその時の衣装が展示されていたのです。
IMG_2606



番組名が分からずにいたのですが、『翔ぶが如く』であったことが判明しました。
IMG_2607


人物像としては日本一の大きさを誇る西郷隆盛像。
IMG_2608

IMG_2611



その後、無事にレンタカーを返却し、鹿児島空港へ。


以前訪れた時も思いましたが、この表示はナイスですね。
IMG_2612



山にピントを合わせるとこうなります。
IMG_2613



思い出深い山となった高千穂峰が、滑走路からも、そして飛び立った後も、しばらく見えていました。
IMG_2620

IMG_2622



高千穂峰の頂上から見た時と同じように桜島が頭を見せていました。
IMG_2625



上空は素晴らしい景色。
IMG_2629



なんとが丸く現れてくれました。
IMG_2635



また鹿児島に行きたいと思います。
IMG_2643



書道家 龍玄
ダウンロード (1)  







 

こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。 


おととい昨日 の続きです。


鹿児島最終日に登頂なるか?という3/22。


早朝に起き、朝食や瞑想を済ませていざ出発。


高千穂河原に行く途中で「天孫降臨への道」という標識が現れます。
IMG_2468



高千穂河原から見る早朝の高千穂峰(しかし頂上はこの奥です)。
IMG_2469



最初は石畳の道を進みます。
IMG_2470



前日・前々日ともに濃霧に阻まれましたが、この日の視界はずっとクリアでした(やはり登山は早朝に行なうべきですね)。
IMG_2473



霜柱が立っていました。
IMG_2474



そろそろ朝日を拝めそうです。
IMG_2476



登山道を振り返ると朝日を浴びた高千穂峰の影が現れていました。
IMG_2479

IMG_2480



いよいよ朝日が顔を出しました。
IMG_2484



登山道を振り返り、自分の影を撮影。
IMG_2495



御鉢も全体をハッキリと見渡せます。
IMG_2496



高千穂河原からは見えていなかった高千穂峰の頂上から朝日が昇ります。
IMG_2497

IMG_2501



北東方向(宮崎県小林市側)を望む。
IMG_2498



高千穂河原から見えていた左側のピークに辿り着くと、こんな風景になります。
(一旦下った場所に鳥居が見えます)
IMG_2504

IMG_2506



昨日の写真と見比べていただければ、視界がクリアなのが分かります。
IMG_2507



更に気温が下がり、よりハッキリした霜柱が出現しました。
IMG_2510



登山道を振り返ると、頂上の影がハッキリ見えます。
(影が掛かっているのが御鉢
IMG_2511



少し分かり辛いですが、左後ろを振り返ると、手前から中岳・新燃岳・韓国岳(一番高い中央の山)が見えます。
IMG_2512



いよいよ頂上に差し掛かりました。
IMG_2514



左の方に念願の「天の逆鉾」が見えます(ここが頂上)。
IMG_2516



そして、天孫降臨伝説の頂に辿り着きました。
IMG_2518

IMG_2519

IMG_2520



素晴らしい眺めです。
IMG_2522



坂本龍馬天の逆鉾について、「天狗の顔に見える」と言った部分が、確かにそう見えました。
IMG_2525



横から見ると天狗の鼻に当たる部分が左右に突き出ているのが分かります。
IMG_2527



遠くの方、真ん中あたりに頭を出している桜島が見えます。
IMG_2530



登山口の高千穂河原で出発時に挨拶をした男性の到着を待ち、一緒に撮影。
IMG_2540



私一人のショットも撮っていただきました。
IMG_2539



天の逆鉾がある部分の全景です。
IMG_2541



普通、山の頂上にある「山名・標高」の標識ですが、厳しい天候の為か倒れていました(写真の左下に写っています)。
IMG_2543



山頂にトイレはありませんが、携帯トイレブースがあります。
(男性の場合、ペットボトルを持っていれば小さい方は出来ますね)
IMG_2528



下山時に見た御鉢
IMG_2549



鞍部の鳥居越しに太陽を撮影。
IMG_2550



無事に下山出来ました。有難うございます。
IMG_2554



これで高千穂峰登山は終了。


しかし、体力&時間に余裕があったので、中岳方面の登山規制が掛かっている所まで行ってみようと思ったのです。


続く、、、



書道家 龍玄
ダウンロード (1)  







 

↑このページのトップヘ