書道家 龍玄 公式ブログ

神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。 「龍を宿す書道家」 龍玄の日常。

■書道家 龍玄 プロフィール

1980年1月29日生まれ。
東京都大田区出身、神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。
大筆師範。

書の基本を学び続けながら、そこに自らの独自の感覚を加えることによって、繊細なタッチの作品、迫力ある豪快な作品、更には文字ではない前衛的な作品まで幅広く書き分ける。

そのため、個展開催時には作品たちをご覧になった方々から「一人の人が書いた作品とは思えない」というご感想がしばしば聞かれる。

また、様々な作風を書き分ける一方で、作品には共通して「龍が宿る」というご感想も数多くいただく。

人々の心の琴線に触れるような作品やパフォーマンスをお見せすることによって、それをご覧になった方の「意識の覚醒」を促すべく、活動を続けている。


【個展開催実績】
2014年10月  第一回個展『NO LIMIT』を表参道にて開催
2015年12月  第二回個展『覚醒への誘い』を渋谷にて開催
2016年10月  第三回個展『飛翔』を田園調布にて開催
2017年4~5月 第四回個展『真我』を田園調布にて開催
2017年12月  第五回個展『波動』を自由が丘にて開催
2018年11月  第六回個展『七つの海』を広尾にて開催
​2019年12月  第七回個展『麟鳳亀龍 -rinpohkiryu-』を元麻布にて開催


【主な作品の提供先】
・TBSテレビ「2018 世界バレー」
(番組タイトル、横断幕『覇氣』、選手名など)
・日本テレビ「NEWS ZERO」
(米ロックバンド「KISS」コラボ作品画像)
・防衛省広報誌「MAMOR」
・元 外務副大臣 中根一幸 様
・第64代横綱 曙太郎 様
・学校法人 河合塾 様
・ラーメン店 「麺屋 翔」様  etc



三浦海岸の浜でドローンを使用して制作した1分間のプロモーションビデオ↓








タグ:秩父

こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。 



12月7日のブログにて、

「近々、秩父の両神山(りょうかみさん)に登る予定」

と書いておりましたが、先日決行して参りました。



当日は都内の実家に泊まりまして、朝5:00に車で出発致しました。

心配した
環八の渋滞も、この時間はまだ無く、スイスイでした。

練馬から関越道に入り、鶴ヶ島JCTを経て圏央鶴ヶ島からは一般道。

西武秩父駅
に到着したのが7:30ぐらいだったと思います。

ここで仲間たちと8:00に待ち合わせをしていましたが、電車が遅れたりということもあり、登山口である
日向大谷への出発は遅くなりました。

結局、
日向大谷から登り始めたのが9:30ということで、遅めの登山開始となりました。



それぞれのペースで登るものの、共通ルールとして、「もし頂上に辿り着いていなかったとしても、13:00の時点で下山を開始する」ということを決めていました。

登りの標準タイムは3時間半(日向大谷コース)ですので、標準タイム通りだとギリギリ頂上に辿り着けるという計算です。

これだけタイムを気にする登山は初めてでしたので、緊張感はありましたが、なんとしても頂上に辿り着きたいという気持ちが強くありました。

そして、結果としては3時間強で登頂することが出来ました。
 IMG_1284[1]

問題は下りです。

元々下りが苦手な上にかなり傾斜が急でして、膝への負担はかなりのものでした。

そして、8年前に中級者向け(本によっては「熟練者向け」とも書いてある)の七滝沢コースを通ったことで道に迷って遭難したのも下りでした。

今回は登りと同じ日向大谷コースを下るということで、ほとんど心配はしていませんでしたが、それでも
「あれ?ここ登山道?」という怪しい場面はありました。

とにかく枯れ葉がたくさん落ちているので、この時期は登山道が分かりにくくなっているのではないかと思います。

下りの標準タイムは2時間半ですが、おそらくそれぐらいのタイムで下ったのではないかと思います。



遭難することなく、ケガをすることなく、無事に登山を終えることが出来て、本当に良かったです。

機会があれば七滝沢コースのリベンジもしてみたいなと、実は思っております。。。



書道家 龍玄







 

こんにちは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


近々、秩父の両神山(りょうかみさん)に登る予定の為、昨日はそのウォーミングアップの為に葉山にある大楠山に妻と登って参りました。

標高242mという低い山ではありますが、一応三浦半島最高峰です。

県道134号にある交差点「前田橋」から山の方(要は海とは逆側)に歩いて行きます。

途中で前田川遊歩道に入る場所があり、そこを歩いて行くパターンもあるようですが、我々はスルーしてそのまま公道を歩きました。

カーブはあるもののほぼ一本道。

そして、途中で右に入る場所があり(公道としては、左上に急カーブ&急勾配になっている場所)、そこを入るとこちらの標識が現れます。いよいよ登山スタートといった感じです。
IMG_1246


最初は下りが意外と多く、それに驚きました。
IMG_1247


登山道はかなり階段が多く、それが意外とキツくもありました。

おっ?頂上か?
IMG_1248


頂上なのか???
IMG_1249


頂上ではありませんでした。
頂上はまだ200m先でした(笑)
IMG_1254


こちらが頂上。
IMG_1255


「椅子なのに、のらないで、ってどういうこと?」と妻がツッコミを入れておりました(笑)
IMG_1256


昨日は快晴でございました。
IMG_1257


かなりぬかるんでいる場所もあり、滑りやすくなっていて危険でしたが、枯れ葉のクッションは気持ちが良かったです。
IMG_1258


妻の後ろ姿。
IMG_1259


往きに気になっていた直売所にてミカンとトマトを購入し、帰宅したのでありました。
IMG_1262


さあ、両神山はどうなることやら。



書道家 龍玄







 

↑このページのトップヘ