書道家 龍玄 公式ブログ

神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。 「龍を宿す書道家」 龍玄の日常。

~ 書道家 龍玄 第七回個展『 麟鳳亀龍 - rinpohkiryu - 』~

『麟』・・・麒麟
『鳳』・・・鳳凰
『亀』・・・玄武
『龍』・・・青龍
 
太平の世に現れるとされる四種の霊獣。
 
令和の時代、人々の心が少しでも平穏であるようにとの願いを込めつつ、このたび第七回個展を開催させていただきます。
 
過去最大級となる111㎡のギャラリーでの展示を是非ご堪能いただけますと幸いです。
 
会場でお会い出来ますことを大変楽しみにしております。
 
(正式には『麟鳳亀竜』と書きますが、あえて『龍』に致しました)


■日時
2019年12月19日(木)~24日(火)
14:00~19:00
※開催期間中、龍玄は常駐しております

■場所
「元麻布ギャラリー」
東京都 港区 元麻布 3-12-3
(都営 大江戸線 麻布十番駅 7番出口 徒歩4分)
(東京メトロ 南北線 麻布十番駅 4番出口 徒歩5分)
http://www.motoazabu-gallery.com/gallery/?id=1427186475-187876

※ギャラリーに駐車場はございませんので、大変恐縮ですが、お車でお越しの際は近隣のコインパーキングをご利用くださいますようお願い申し上げます。

■入場料
1,000円(高校生以下の方は無料)


------------------------------------------------------------------


■書道家 龍玄 プロフィール

1980年1月29日生まれ。
東京都大田区出身、神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。

書の基本を学び続けながら、そこに自らの独自の感覚を加えることによって、繊細なタッチの作品、迫力ある豪快な作品、更には文字ではない前衛的な作品まで幅広く書き分ける。

そのため、個展開催時には作品たちをご覧になった方々から「一人の人が書いた作品とは思えない」というご感想がしばしば聞かれる。

また、様々な作風を書き分ける一方で、作品には共通して「龍が宿る」というご感想も数多くいただく。

人々の心の琴線に触れるような作品やパフォーマンスをお見せすることによって、それをご覧になった方の「意識の覚醒」を促すべく、活動を続けている。


【個展開催実績】
2014年10月  第一回個展『NO LIMIT』を表参道にて開催
2015年12月  第二回個展『覚醒への誘い』を渋谷にて開催
2016年10月  第三回個展『飛翔』を田園調布にて開催
2017年4~5月 第四回個展『真我』を田園調布にて開催
2017年12月  第五回個展『波動』を自由が丘にて開催
2018年11月  第六回個展『七つの海』を広尾にて開催
​2019年12月  第七回個展『麟鳳亀龍』を麻布十番にて開催予定


【主な作品の提供先】
・TBSテレビ「2018 世界バレー」
(番組タイトル、横断幕『覇氣』、選手名など)
・日本テレビ「NEWS ZERO」
(米ロックバンド「KISS」コラボ作品画像)
・防衛省広報誌「MAMOR」
・元 外務副大臣 中根一幸 様
・第64代横綱 曙太郎 様
・学校法人 河合塾 様
・ラーメン店 「麺屋 翔」様  etc



三浦海岸の浜でドローンを使用して制作した1分間のプロモーションビデオ↓








タグ:逗子駅

そのご婦人が芳名帳に記してくださったお名前の字には、確かにご高齢の方と思(おぼ)しき震えがあり、それが余計にぐっときたのでした。


妻が先日(5/26~28)の逗子個展での感動エピソードをブログに書いてくれまして、こちらはその抜粋になります↓


----------------------


それはもしかしたら80代くらいの方でしょうか。
姿勢の良い女性が入って来られました。


1階と2階にまたがって書道作品を展示したのですが、
2階までも足をお運びになってご覧いただけたのです。


そして、すべての作品をご覧になって最後帰る間際でした。


その方は、感動した面持ちで私に話しかけてくださいました。


「私は書道のことはよく分からないのですが、
なんて自由なのか!と、とても感動いたしました。


トンビの羽で書かれたり、夜の浜辺で作品を書かれたり、、、(会場に説明書きを添えてありました)
『破』(と言う作品)なんて、本当に自由になっていく感じがしました。


踊りを教えているのですが、なんだかもっと自由にしてもいい気がしました」
と言うような話もされました。


そして、
「どんなご両親に育てられたのでしょうね。きっと、自由に伸び伸びお育てになったのでしょうね。
あなたは奥様ね、支えられて素晴らしいですわね。
今日は、とても良いものを拝見させていただきました。
ありがとうございます。」と。


私はなんだか涙が出そうになってしまいました。
その方の感動が伝わって来て。


夫に直接、聞かせられずに残念でしたが(夫は2階で他の方と話していました)、
このような思いがけないご縁は嬉しいものです。
感謝感謝です。


----------------------


尚、ブログの全文はこちらからご覧いただくことが出来ます↓
http://sachina.blog.jp/archives/37531905.html


貴重なご縁に感謝感謝でございます。


今回の個展での何気ない一枚(^^)↓
61304059_437994220326603_1783141477791039488_n





書道家 龍玄
ダウンロード (1)







本日逗子個展の搬入作業が無事に終了致しました。


「面白そうだから入って来ちゃった~(笑)」と、個展のセッティング中にお客様が会場に入って来てしまうという初めての体験をしました(笑)


今回は1階と2階をお借りしていることもあり、なんだかんだで過去最多の展示点数となっております。


入口付近には日本の伝統工芸品などを扱うブランド 和子Wako.さんとのコラボによる『美』ストール(全5種類)を飾らせていただきましたが、やはり道行く女性の皆様は興味津々のご様子でした↓
IMG_E0295



こちらはギャラリーの担当者の方がヤクルトの容器で作ってくださった龍玄(笑)↓
IMG_0296

動きをよく再現してくださっています(笑)


明日からの三日間でどんな出逢いがあるのかとても楽しみです。


どなた様もお気軽に足をお運びくださいませ。



~ 書道家 龍玄   逗子個展 
 
■日時
令和元年5月26日(日)~28(火)
10:00~17:00(最終日のみ16:30まで)
※期間中、龍玄は常駐予定です。



■会場
「逗子銀座通りアートギャラリー」
神奈川県 逗子市 逗子 5-2-47
(JR逗子駅 東口 および 京急線 新逗子駅 北口 徒歩3分)
 
※住所検索をしていただくと少しだけ位置がズレて表示されますが、商店街の1階ですので分かりやすいかと思います。
※「逗子アートギャラリー(Zushi Art Gallery)」ではございませんので、ご注意ください。
※ギャラリーに駐車場はございませんので、大変恐縮ですが、お車でお越しの際は近隣のコインパーキングをご利用くださいますようお願い申し上げます。


■入場料
無料



書道家 龍玄
ダウンロード (1)








書道歴がまだ1年ぐらいの時に書いた大作『希望の轍(わだち)』↓

IMG_0289[1]


なんだか初々しく恥ずかしさも感じますが、適したスペースがあればこの作品も展示したいと思っております。


逗子個展はあさってから3日間(5/26~28)の開催となります。




~ 書道家 龍玄   逗子個展 
 
■日時
令和元年5月26日(日)~28(火)
10:00~17:00(最終日のみ16:30まで)
※期間中、龍玄は常駐予定です。



■会場
「逗子銀座通りアートギャラリー」
神奈川県 逗子市 逗子 5-2-47
(JR逗子駅 東口 および 京急線 新逗子駅 北口 徒歩3分)
 
※住所検索をしていただくと少しだけ位置がズレて表示されますが、商店街の1階ですので分かりやすいかと思います。
※「逗子アートギャラリー(Zushi Art Gallery)」ではございませんので、ご注意ください。
※ギャラリーに駐車場はございませんので、大変恐縮ですが、お車でお越しの際は近隣のコインパーキングをご利用くださいますようお願い申し上げます。


■入場料
無料

どちら様もお気軽に足をお運びいただけますと幸いです。



書道家 龍玄
ダウンロード (1) 







新規 Microsoft Excel Worksheet - コピー1_page-0001
毎年秋~冬頃に都内にて個展を開催しておりますが、本年はスピンオフ的な位置付けで3日間ではございますが逗子にて個展を開催させていただきます。


概要を以下に記載させていただきます。




~ 書道家 龍玄   逗子個展 
 
■日時
令和元年5月26日(日)~28(火)
10:00~17:00(最終日のみ16:30まで)
※期間中、龍玄は常駐予定です。



■会場
「逗子銀座通りアートギャラリー」
神奈川県 逗子市 逗子 5-2-47
(JR逗子駅 東口 および 京急線 新逗子駅 北口 徒歩3分)
 
※住所検索をしていただくと少しだけ位置がズレて表示されますが、商店街の1階ですので分かりやすいかと思います。
※「逗子アートギャラリー(Zushi Art Gallery)」ではございませんので、ご注意ください。
※ギャラリーに駐車場はございませんので、大変恐縮ですが、お車でお越しの際は近隣のコインパーキングをご利用くださいますようお願い申し上げます。


■入場料
無料

どちら様もお気軽に足をお運びいただけますと幸いです。



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







↑このページのトップヘ