書道家 龍玄 公式ブログ

神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。 「龍を宿す書道家」 龍玄の日常。

■書道家 龍玄 プロフィール

1980年1月29日生まれ。
東京都大田区出身、神奈川県三浦市(三浦海岸)在住。
大筆師範。

書の基本を学び続けながら、そこに自らの独自の感覚を加えることによって、繊細なタッチの作品、迫力ある豪快な作品、更には文字ではない前衛的な作品まで幅広く書き分ける。

そのため、個展開催時には作品たちをご覧になった方々から「一人の人が書いた作品とは思えない」というご感想がしばしば聞かれる。

また、様々な作風を書き分ける一方で、作品には共通して「龍が宿る」というご感想も数多くいただく。

人々の心の琴線に触れるような作品やパフォーマンスをお見せすることによって、それをご覧になった方の「意識の覚醒」を促すべく、活動を続けている。


【個展開催実績】
2014年10月  第一回個展『NO LIMIT』を表参道にて開催
2015年12月  第二回個展『覚醒への誘い』を渋谷にて開催
2016年10月  第三回個展『飛翔』を田園調布にて開催
2017年4~5月 第四回個展『真我』を田園調布にて開催
2017年12月  第五回個展『波動』を自由が丘にて開催
2018年11月  第六回個展『七つの海』を広尾にて開催
​2019年12月  第七回個展『麟鳳亀龍 -rinpohkiryu-』を元麻布にて開催


【主な作品の提供先】
・TBSテレビ「2018 世界バレー」
(番組タイトル、横断幕『覇氣』、選手名など)
・日本テレビ「NEWS ZERO」
(米ロックバンド「KISS」コラボ作品画像)
・防衛省広報誌「MAMOR」
・元 外務副大臣 中根一幸 様
・第64代横綱 曙太郎 様
・学校法人 河合塾 様
・ラーメン店 「麺屋 翔」様  etc



三浦海岸の浜でドローンを使用して制作した1分間のプロモーションビデオ↓








タグ:開聞岳

こんばんは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄です。


前回のブログでは、霧島山(韓国岳)登山の様子を書かせていただきました。


今回はその翌日の開聞岳登山などについて書かせていただきます。


非常に暑さが厳しいこともあり、宿泊した宿の方には「早朝から登った方が良い」と言われていました。


そしてそれは大正解でした(それでも今までの登山で一番汗をかいたぐらいでした)。


まだ暗い早朝5:00過ぎ、登山口まで車で25分ほどの所にある宿を出発致しました。


かなりの台数が入る駐車場に車を止め、管理事務所の建物の裏側にあるトイレに行き、いざ出発。


最初は意外にもパークゴルフ場の中を突っ切って行きます↓
IMG_4965


進行方向左側には開聞岳が聳えています↓
IMG_4966


パークゴルフ場を突っ切った後に撮影↓
IMG_4967


朝日が昇ってきました↓
早朝にしては既に暑さを感じていたので少々焦ります。
IMG_4969


午前6:00、登山口に到着しました↓
IMG_4970


木の間から朝日を撮影↓
最初からかなり汗をかいていたので、先が思いやられます。
IMG_4972


なかなかジメジメしていて、熱帯雨林の中を歩いているような感覚です。
IMG_4974

IMG_4975

IMG_4976

IMG_4977


ごくたまに進行方向左側に視界が開けます。
晴れの予報でしたが、この時はまだ曇り気味でした↓
IMG_4978


「〇合目」という標識の他に「救助第〇ポイント」という標識も、視界が開けた場所に所々にありました↓
IMG_4979


霧が掛かってきました↓
ほんの少しだけ当たる雨が気持ち良かったのですが、この天気のままだと頂上で景色が見えず嫌だなという思いと、下りで滑るのではないかという不安がありました。
IMG_4980

IMG_4981

IMG_4982


う~ん、大丈夫でしょうか、、、
IMG_4983

IMG_4984


ロープが設置されている場所もありました↓
IMG_4985


九合目まで来ました。もう一踏ん張り!
IMG_4986


視界がきくようになってきました↓
IMG_4987


ずっと薄暗い中を登って来たので、思わず「おお~!」という歓声が出てしまいました↓
IMG_4988

IMG_4989

IMG_4990


かなり急な階段もありました↓
IMG_4991

IMG_4992


遠くの左の方に桜島が見えます↓
IMG_4993


山頂まであと少し!
IMG_4994


無事到着です↓
IMG_4998


南東の長崎鼻方向とその向こうに大隅半島
IMG_4999

IMG_5002


北北東方向に池田湖
IMG_5003


更に引いて見ると、向こうの方(真ん中より左)に桜島が見えます↓
IMG_5001



下山完了は10:30。

下山時は色々な方とすれ違いました。

地元の方で「来月北アルプスに行くので、そのトレーニングで登っているんですが、この暑さにやられちゃってます(笑)」とおっしゃっていた方もいらっしゃいました。

ちなみにその方は水を3L持って来たとおっしゃっていましたが、あの暑さであれば多過ぎる量でもない感じでした。それぐらい暑かった。。。
IMG_5008



下山後は、すぐ近くにある枚聞神社へ参拝↓
IMG_5010


更に近くにある玉の井へ↓
(日本最古の井戸と言われています)
IMG_5011

IMG_5012


そして、JR日本最南端の駅「西大山駅」へ↓
IMG_5013


駅のホームから開聞岳がきれいに見えます↓
IMG_5015


行ってないのは佐世保駅だけだな~↓
IMG_5016


数年前に家族で来た時には無かった「幸せを届ける黄色いポスト」
IMG_5018


この後、ヘルシーランド たまて箱温泉 に入り、昼食を済ませ、レンタカーを返しに鹿児島空港へ向かいました。


九州自動車道の桜島サービスエリアから桜島が見えました↓
IMG_5021


羽田着陸直前、東京ディズニーリゾートが見えました↓
IMG_5022



九州の日本百名山はまだまだありますので、また行くのが楽しみです。



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







こんにちは。

三浦海岸在住の 書道家 龍玄 です。


前回のブログで沖縄の大石林山に行った模様を書かせていただきましたが、その当日の夜に鹿児島へと移動しました。


そして翌朝早くからレンタカーを借り、霧島山(韓国岳)登山のため大浪池登山口へ(無料駐車場&トイレがあります)。
IMG_4882

IMG_4883

IMG_4956


最初は石畳の道が長く続きます↓
IMG_4885


どうやら大浪池まで来たようですが、かなり雲が多い状況です↓
IMG_4887


無事に池を確認出来ました。すぐ上を雲に覆われて幻想的です↓
IMG_4888


登りは大浪池西周り(左側)ルートを選択してみました。

少し雲がなくなり、韓国岳も見えてきました↓
IMG_4889


えびの方面への分岐地点までやって来ました↓
(ちなみに大浪池の周りは木に囲まれており、池を見ながら優雅にハイキングという感じではなく、特に西周りルートは登山道が狭い為、縮こまって歩く時間が長かったです)
IMG_4891


東回りルートとの合流地点までやって来ました↓
IMG_4892


下を見下ろすと、まだまだ雲が多い状態↓
IMG_4894

IMG_4895


山頂のすぐ下までやって来ました↓
IMG_4896


見上げると、上の方に小さく山頂の標識らしきものが見えます↓
IMG_4897


そして山頂に到着↓
IMG_4898


宮崎県小林市方面が少し見えます↓
IMG_4899


雲の間から時々大浪池が見えます↓
IMG_4900


山頂の北側にある大きな火口↓
IMG_4902


火口の周りの切り立った崖↓
IMG_4901


後からお一人男性が登って来られたので、その方にお願いして記念写真を一枚↓
IMG_4929


山頂で見上げた空は、なかなか見飽きることがありませんでした↓
IMG_4937

IMG_4938

IMG_4939


2011年に大噴火が起きた新燃岳(しんもえだけ)はすぐそこ↓
IMG_4940


雲の間から新燃岳が見えます↓
IMG_4944


噴煙が上がっているのが確認出来ました↓
IMG_4947


下りは大浪池西周りルート
西周りルートに入ってすぐの所にある避難小屋↓
IMG_4948


池は所々見える程度でして、
IMG_4950


基本的にはこのような登山道です↓
IMG_4949


頂上を振り返る↓
IMG_4951


岩の間から大浪池
IMG_4952


無事に西回りルートとの分岐地点(下山時なので「合流地点」)まで下って来ました↓
IMG_4954


大浪池韓国岳も見えます↓
IMG_4955


この後、元来た登山道を下って無事に下山し、翌日の開聞岳登山に向けて指宿方面へ向かいました。


途中、九州自動車道で寄った桜島サービスエリア
IMG_4957


おそらく登山よりも指宿に向かう車中の方が日に焼けたと思います。


それにしても下界は凄い暑さ、、、そして翌日は開聞岳登山にてその暑さを思い知ることとなります。。。


~ つづく ~



書道家 龍玄
ダウンロード (1)







↑このページのトップヘ